糞ジジイにチートもらったので時を忘れ8000年スローライフを送っていたら、神様扱いされてた件

御丹斬リ丸

幕話 6000年の時を超えて







流離の露天商




噂に聞く都市伝説のようなものだと思っていた。
路地裏、戦場、海底神殿、魔王城の一室、場所を選ばず現れるその露天についた名だ。


商品は価値の低い初心者ようの武器や防具ばかり、回復薬やポーションは大したものは売っていないが価格は街と同じ。


そのせいかとても重宝されており、彼のおかげで成し遂げられた偉業も多い。


6000年ほど前の書物には彼の存在は記載されていた。


一体、何ものなのだろうか。








歴史研究者で特別なギフトを持った私は、ついに目的のスキルを習得した。


過去視




大まかだか過去の出来事を観れる魔眼だ。








まあ、良い
さっさと見ることにしよう




















さあ、歴史の時代へ出発だ!



「糞ジジイにチートもらったので時を忘れ8000年スローライフを送っていたら、神様扱いされてた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く