糞ジジイにチートもらったので時を忘れ8000年スローライフを送っていたら、神様扱いされてた件

御丹斬リ丸

魔術 ー③



魔法ってなんか技名叫んだり、線を沢山引いて魔法陣みたいなの書けばいいんじゃないのー








というようなフワフワした考えしかありませんでした。


ええ、無理です。


よくよく考えてみたんですよ。




物語の主人公ってどうしてたっけ?と


魔導書を読んで…とか、
神からチート貰って…とか


まあまあまあ、色々あるとしても




前提に魔法があるんですよ。


が、


魔法があるかわからない。
ステータスがない。
というかスキル自体があるかわからない。
魔力、魔力と勝手に呼んでいるが、そうじゃなかったら?










うわぁぁぁぁぁ!もうわかんねぇーよ




◇◇








魔法陣というのはなんなのだろうか?


いや、結果を言ってみよう。


非科学的な現象→陣から水や土、火など全く関係性のない物体が現れる


魔力を変換して生み出している?
その論理では魔力というのは万能物質ということになる。


うーむ


魔力は…ただのエネルギーであり、陣に流すことにより非科学的な現象を発生させる、ならどうだ?


元いた世界で例えるなら電気と基盤の関係になるのか?


そして魔法陣を円などの図形で囲うのはエネルギーの循環とかなのか?




推測でしかないから、実際やってみるか。




魔法陣は図形を合わせたものや、数字型、文字型、絵系、立体、などがある。


数字とか文字、絵なんていうのはあまりにも無謀なやり方だ。


とりあえず基礎……何が基礎か知らないけど簡単なのからやってみるか。










呪術を使う連中と協力し魔法陣(仮)を研究し始めた。

























「糞ジジイにチートもらったので時を忘れ8000年スローライフを送っていたら、神様扱いされてた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く