糞ジジイにチートもらったので時を忘れ8000年スローライフを送っていたら、神様扱いされてた件

御丹斬リ丸

洞窟をより快適にしたい





洞窟というのはジメジメしている上とても寒い。
全く快適さがない。




今まで移動生活だったせいで石のテーブルしか生活用品を持っていなかったが、素材加工を使えば、快適な家を作れるのでは?と考えいる。




設計はまかしておけ!


デザインは考え置いたわよ!




悲しかな。
心の中で自分と会話する奴。




洞窟を改造して家を作る経験はそこそこある。
立方体のブロックで出来た世界での創造と破壊はかなり嗜んでいるもので、へへへ。









最近気づいたことなんだが、素材加工には、素材設定のほかに道具の設定も出来るらしい。


今までは、全て手で削っていたが洞窟規模になると流石に馬鹿馬鹿しい。
自分の持つ道具の中で一番巨大なものである黒曜石の剣を道具に設定し、洞窟自体を素材に設定して思いっきり切りつける。




プシュ


という気の抜けた音と共に剣から青白い斬撃が飛び洞窟の壁を吹き飛ばした。




ーーーガガガガガガガガガガ!!!




うおぉぉ!?揺れる揺れる!ヤバイ
何が素材加工だよ!


と思っていると頭にある言葉が浮かんで来た。








《素材加工に失敗》




そりゃーそうだろうよ。


だから見ればわかる事をいちいち通知してくるのやめてほしいな…。


はぁ…ため息しか出ないが、とりあえず洞窟が広くなったからいいや。


自分が好きなドワーフの王様で出てくる映画の歌を口ずさみながら、ボリボリと石を削っていく。


ふうん〜♪ふふ〜♪ふう〜♪


洞窟があまりに声が響くものだから、コンサートを行っているような気分になり、大声で歌いながら、ひたすら掘る。






苔やらツタやらを食べながら、ひたすら掘ること3日、ついに完成した。


江戸時代くらいにあったかまどに、壁から染み出す水を集める瓶、しっかりした作りの椅子と机、それから食器類など、


なぁ、わかるか?
これ全部石なんだぜ?




石器時代のレベルが上昇した




石のベッド……刑務所より酷いわ
しかも灯なし……暗い










どうしよう。
人間はいない。


魔法もない。


動物もいない。




暇すぎないか?




流石に寂しいな。






あーあ、ゲーム機があったらなー、
育成RPGとか箱庭ゲームとかしたい…




ん?箱庭ゲーム?










あの人間っぽい奴らを育てて、リアル箱庭ゲームをしよう!






『あ、そういえば、言い忘れておったが、言語はどうするつもりなんじゃ?』




とあのムカつく糞ジジイの顔と共にその言葉を思い出した。


ああ、!そうだった!


奴ら言語が伝わならかったんだった!くそったれ!







「糞ジジイにチートもらったので時を忘れ8000年スローライフを送っていたら、神様扱いされてた件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く