異世界エルフの奴隷ちゃん

柑橘ゆすら

不思議な買い物(前編)

こんにちわ。エルフちゃんです。
 突然ですが、皆さんはこの世のものとは思えない不思議な出来事を経験したことがありますか?
 ……ちなみに私はしょっちゅう経験しています。
 具体的にはご主人さまと買い物に行くと絶対に不思議なことが起こるんです。 
 今日はその一部始終を紹介します。

 ~~~~~~~~~~

 ダンジョンから戻った翌日のこと。 
 ご主人さま&エルフちゃんは迷宮都市の市場を訪れていた。
 何故か? 
それというのもご主人さまが珍しく『今日は自分で料理をしたい』と言って聞かなかったからである。
 こういうことは稀にあった。
 ご主人さまは奴隷たちに、自分の故郷に伝わる珍しい料理を食べさせることを楽しみにしていたのである。

「留守番している犬耳ちゃんのためにもとびきりの食材を用意しような」
「そうですね! 道案内は任せて下さい」

 意気込みを新たにした2人は市場の探索を続けていく。

「オジサン。小麦粉1袋下さい」
「はいよ。1袋30コルだよ」

 最初にご主人さまが声をかけたのは、雑貨屋の商人の男であった。

「……よし。この中にある小麦粉だと、これと、これと、これが良さげっぽいな」

 ご主人さまは1つ1つ観察して、目ぼしい商品を目の前に集めていく。

「……何か違うのでしょか?」
「全然違うよ。こういう食材選びこそ、料理人のセンスが問われるところなんだよな」
「……さ、流石はご主人さまです」

 ドヤ顔で語るご主人さまであったが、エルフちゃんとしては納得がいかなかった。
 何時もの『さすごしゅ』にもキレがない。
 紙袋の上から小麦粉を見て、一体何が分かるというのだろうか?
 エルフちゃんにとっては意味不明だった。

 鑑定眼 等級B アクティブ
(アイテム、生物の性能を見極めるスキル)

 ご主人さまが優れた食材を選ぶことができるのは、勇者スキルである『鑑定眼』を保有しているからなのだが――。
 当然それはエルフちゃんにとって知る由もないことであった。


 

「異世界エルフの奴隷ちゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く