異世界エルフの奴隷ちゃん

柑橘ゆすら

エッチな下着

入浴が終わった後は、日課である『夜のお勤め』の時間である。
 エルフちゃん&犬耳ちゃんは、『夜のお勤め』に使う下着を取りに物置部屋に向かっていた。

「あのスケベ……。ま~た新しい下着を買ってやがる……」

 タンスを開けた犬耳ちゃんは深々と溜息を吐く。
 犬耳ちゃんの視界一杯に広がっていたのは、色とりどりの下着だった。
 中には『これは下着としての機能を果たしていないのでは?』という特殊な形状をしているものもあり、ご主人さまの下着に対する異様な執着心を窺わせていた。

「……こういう無駄遣いを我慢すれば、もっと良い家に住むことができるんですけどねぇ」

 物置部屋の中に置かれていたのは下着だけではない。  
 大人の玩具から、コスプレ衣装に至るまで、『夜のお勤め』に関わるアイテムが多種多様に取り揃えられていた。

「ほ~んと。ご主人さまって強いところ以外には何も取柄がね~よな~」
「ですね~」
「髪の毛薄くなっているしな」
「お腹もプニョッとしていますもんね」
「使った後の枕が臭う」
「食器を自分で洗わない」
「ププッ。おまっ、流石にそれは言い過ぎだって!」
「アハハッ。犬耳さんこそ! 流石に臭いネタは卑怯ですよ!」

 奴隷ちゃんあるある――。
 ご主人さまの悪口を吐く時だけは、何故だか異様に盛り上がる。

「異世界エルフの奴隷ちゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く