名探偵の推理日記〜犯人を追ってたら異世界で殺人鬼になってた〜

耕一

第9話『薬瓶師の姉』

「お姉ちゃんはこの世界をより良いものにするために薬瓶師になったの。これは、お姉ちゃんが遺した調合本。これには私が開発した復活瓶の基となるレシピが載ってるの。それなのにアニセトはお姉ちゃんが将来自分の邪魔になると考え、あえてお姉ちゃんを実験台に選んだ。」
「でもなぜマリウスがアニセトを殺さなきゃいけないんだ?お姉ちゃんだってまた生まれ変わってくるのに。」
ヒルベルトがそう言うとアニセトが口を開いた。
「俺が開発してたのは人間をこの世界から抹消する瓶なんだよ。俺は見習い転生師のハルクの力を借りた、人間を魂ごと消す瓶の開発を依頼されたんだ。俺にも消したい奴はいたし、ちょうどいいと思ってな。」
「でも、アニセトを殺したところでまた生まれ変わってくるんだぞ?」
ヒルベルトはそう言ってマリウスの方を見た。
「私も作ったのよ。人間を魂ごと消す瓶を。でもまだ私の技術がないからギリギリまで延命しないといけなくて、だからこいつを2回も殺したの。」
「なるほど、そう言うことだったんですね。」
俺がそう言うと辺り一面に煙が立ち込めてきた。

「名探偵の推理日記〜犯人を追ってたら異世界で殺人鬼になってた〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く