名探偵の推理日記〜犯人を追ってたら異世界で殺人鬼になってた〜

耕一

第8話『魔悪瓶』

「犯人はクリア瓶を使ったんです。そして堂々と僕たちの前を通って行ったんです。そうですよね?マリウスさん。」
俺がそう言うと2人はマリウスの方を振り返った。
「本当なのか?マリウス。」
「うん。本当はもう1回殺す計画だったけど、圭介に気づかれちゃったからね。」
マリウスはそう言って俯いた。
「じゃ、じゃあ1回目の事件もマリウスがやったのか?」
ヒルベルトが俺の方を向いた。
「はい。マリウスさんはこの世界に飛ばされたばかりで気を失っている僕に夢見瓶を使ったんです。」
俺が続けようとするとマリウスが口を開いた。
「ポケットに前の世界で書いた探偵のメモが入ってたから丁度いいものを使って圭介に自分が殺人をしたと思い込ませるための夢を見させたの。でも、時間までは正確に合わせることは出来なかった。」
「マリウス、お前正気か?」
ヒルベルトが言った。
するとマリウスは目に涙を浮かべながらこう言った。
「アニセトは武器屋ではあるけど、裏では恐ろしい魔法瓶を作るブラッグの一員で、私が作った復活瓶を無効化する瓶を作り出した研究員でもあるの。」
「瓶を作るときの実験ではランダムに選んだ10人に瓶を使用して効果を見たが、そこの中にマリウスの姉が混ざってたんだよ。」
アニセトがそう言うと、マリウスは棚からあるものを取り出した。

「名探偵の推理日記〜犯人を追ってたら異世界で殺人鬼になってた〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く