名探偵の推理日記〜犯人を追ってたら異世界で殺人鬼になってた〜

耕一

プロローグ

「お前が犯人なんだろ?」
俺は今たまたま旅行で泊まりに来ていたペンションで連続殺人犯を追い詰めていた。
「ふっ、バレたならしょうがない。お前の運が悪かったんだ。」
犯人はそう言って胸ポケットから拳銃を取り出し、俺の方へ向けた。
パンッ
という乾いた音が聞こえた後、犯人の笑う声と、周りの人の悲鳴が聞こえた。

 ??「あぁ、またこんなにも有能な人間が死んでしまったのか…。おい、ハルク!!この人間はどの世界の人間だ?」
そう呼ぶと奥から分厚い本を抱えた者が出てきた。
「えぇっと、この人間は、570番世界の地球……、じゃなくて4869番のムルデル星の人間です。」
「しっかりしろ!!一度戻す世界を間違えればその人間を元の世界へ戻すのは困難なんだ!!」
??はムルデル星のモニターを見ながら見習い転生師のハルクに怒鳴った。
「はい。」
ハルクがそう言うと??は小さな赤いボタンを押した。

「名探偵の推理日記〜犯人を追ってたら異世界で殺人鬼になってた〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く