召喚されし、アンノウン

ノベルバユーザー51488

ちょっとした日常?

「フム・・今回は3人入って来たか」


「はい!そうなります、王」 


「そして、今年喚ばれたのはUR9、SR14、BR28、R20、N52が喚ばれたのか?」



「はい、そのとうりでこざいます」





二人が喚ばれてもう5年程経って、今も俺は王として仕事をしている。


今やっているのは、この[選定の門(UR)]
を入ってこれた者の確認、及び召喚された者達の確認だ。





「王、今回は喚ばれた者が今までと比べ多いです。URクラスが、9も喚ばれたのは珍しく、さらにURクラスの中にUSRクラス2名ほど入っておりました。」




「そうだな、外の世界にも才に溢れる者が、増えているのかもしれん、もしかしたらお前達も、喚ばれるかもしれんな」




「そうですね」


「そうかも知れません」




そう笑いあい少したったあと、自分は自身の騎士へ提案する。






「アーサーよ」




「はい?なんでしょうか?」






「少し組み手をせんか?」







「・・・はい?」







そう、ちょっとした運動のお誘いだ。

「召喚されし、アンノウン」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く