話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

僕と異世界と主人公と

ノベルバユーザー269454

ととと

僕の名前はシリウス・す・ホワイトライト。

日本人である山田太郎の記憶を持ったごく普通の5歳の少年だ。


いや、ごく普通というのは嘘である。魔法に関しても体術に関しても自分でびっくりするほどの才能を持ち合わせて生まれてきたらしい。

魔法全属性?いや、違う。取得経験値100倍?違う。習得という工程を挟まずに何でもできるのである。

デフォルトとしてすべての能力が備わっているというぶっ飛びチート野郎がこの僕シリウス・す・ホワイトライトだ。


この世界の名前は「ゴジュウオン」、名前のミドルネームとして五十音の文字が入るようになっている。

ちなみに若い五十音ほど偉いようだ。

あ行を名乗るのは一番偉い王族のみ、現在の国王の名前は「バレンタイン・あ・ゴールドセイント」という。呼び方としては「あ級のバレンタイン様」である。「~級の名前」で呼ぶことが一般的である。


次に偉いのは五大貴族である。

闇属性の名門 か級のダークネス家

光属性の名門 き級のホワイトネス家

火属性の名門 く級のバーニングシュウゾ家

風属性の名門 け級のウインディネス家

水属性の名門 こ級のアクアネス家


上流貴族は「さ行」

中流貴族は「た行」~「な行」

下流貴族は「は行」~「ら行」


平民には「ま行」が与えられる。


この階級から考えると「す級」であるホワイトライト家は結構な地位を持っているのが分かる。


ゴジュウオン世界のひらがな王国-す級ホワイトライト家次男-シリウスの異世界生活が幕を開ける。





「僕と異世界と主人公と」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く