新たな恋は突然に

りっきー

2話──クラス分け

「えーでは、入学式をこれで終了致します。一同起立!礼!着席!」やっと、終わった。この学校の校長先生の話は長かった。1時間も話していたとは驚きだな。あとは、校庭にクラスが書いてあるからそこに行くだけだな。俺の学年のクラスは6クラスある。1クラス30人なので、180人ほどいることになる。

「ええっと。高木...高木...高木...あれ?ないな。」
俺は自分の名前をなかなか見つけることが出来なかった。

「お!あった!」
人が居なくなり始めてようやく見つけることが出来た。これからその教室に行き、担任の紹介と生徒達の自己紹介をして、今日は終わりだ。自分の名前見つけるの遅かったから先生が来てないといいんだけどな。

「ふう。到着ここが1組か。」
俺は勢いよくドアを開けた。すると、ほとんどの生徒がいて、俺の方を見た。しかし俺はそんなことより先生が居ないことに安心していた。男子と女子の比率は14と16で女子が少し多い。俺は出席番号8なので、その席に座って、携帯でもいじろうかと思い、取り出したら、後ろの席の人から話しかけられた。

「あの、携帯はいじらない方がいいと思いますよ?さっき、あそこの人が携帯を使ってて、先生に怒られていましたから。」
あそこの人とは出席番号3番の人だ。

「お!ありがとう!助かったよ。俺は高木 翔太。君は?」

「僕は手塚  実  てづか     みのるだよ。よろしくね、高木くん。」

「おう!よろしくな!俺の事は気軽に翔太って呼んでくれ!」

「分かった!」

「先生はまだ来ないのか?」

「全員集まったら呼びに来てって言われてるから、そろそろじゃないかな?」

「ガラ!」先生と1人の生徒が入ってきた。

「よし。みんな揃ってるな。じゃあ始めるぞ。ええっと、俺の名前は白川しらかわ 春樹はるきこのクラスの担任だ。よろしくな。じゃあ出席番号順に自己紹介頼む。」
そして、どんどん自己紹介をして、数分でみんな終わった。

「はい。じゃあ明日から授業だから教科書忘れるなよ。解散。」
俺は自己紹介の時にぶつかってしまった人を探したがどうやら同じクラスではないようだ。仕方なく今日は帰ることにした。明日からは部活の仮入部があるからその時にでも探してみよう。

「ってあれ?イヤホンがない...」
ぶつかった時にでも落としたのかもしれない。

「新たな恋は突然に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • りっきー

    ありがとうございます!

    0
  • こた

    面白いですね!
    この後どうなるのかドキドキする。

    1
コメントを書く