ただキミを幸せにする為の物語 SSランクの幸運スキルを持つ俺は、パーティーを追放されたのでSSランクの不幸少女と最強のパーティーを組みます。一方俺を追放したパーティーは壊滅した模様

山外大河

4 感じた違和感 a

 とりあえず魔術教本は一冊貸す事にした。
 元よりこの一週間で二冊共を消化するなんて事は俺のセンスでは無理な様な気がしていて、そして実際無理そうだと悟った訳で。そんな中で意欲も才能もある人間が目の前にいるのならば、貸す事に躊躇いなどうまれない。

「じゃあ読み終わったら返しに行きますね!」

「お、おう」

 一応折角の機会なので、俺の借りてる部屋への地図をアリサに渡してある。
 これで互いに互いの住まいを把握した事になる。今朝までの様にギルドで偶然出会わなければ再開できないという面倒にも程がある状況から幾許かまともになったと言えるだろう。

「あの、クルージさん!」

 そしてアリサの部屋を出て行こうとした時、少し緊張した様な声で呼び止められる。

「ん? どうした?」

 俺がそう問いかけると、アリサは少しだけ間を空けてから言った。

「その……本返しに行く時とかじゃなくても……普通に遊び行ったりしてもいいですかね?」

 なんだかどこか恥ずかしそうに言うその言葉を断る理由もない。
 それにこうしてアリサの家に一度招かれ、寛がせてもらったんだ。今度は何かこちらがお返しする番でもあるだろう。
 俺はアリサに言う。

「ああ、いいぜ。いつでも来いよ」

「は、はい! じゃあ今度お邪魔させていいただきます!」

「おう、しばらくは家にいるからいつでも来い」

 どこか嬉しそうなアリサに対してそう言って、俺は踵を返す。

「じゃあまたな、アリサ」

「はい、クルージさん!」

 そして最後にそんなやり取りをしながら、俺はアリサの部屋を後にした。
 後にしながら……なんだか既視感に溢れる様な感覚に満ち溢れていた。

「……ヤバイ、とりあえず帰ったら部屋掃除しとこ」

 ……女の子が部屋に来る。
 よくよく考えれば年近い女の子が家に来た事とかねえし……なんだろう。なにこの緊張感。そして既視感。

 うん……我ながらこの手の事に免疫が無さすぎて酷い。
 でも仕方がないんだ。免疫なんて付く訳がないんだ。
 村では基本的に男友達とウェイウェイする様な日常だったのだから。中々免疫が付く様な状況にはならなかったのだから。

 そういう類の行動力を持てたであろう頃には、もう俺は村に居られなくなっていたのだから。

 だから、まあ……仕方がないだろう、こんなの。

「……」

 改めてそうやって村の事を考えていると、ふと考えた。
 今の俺は、アリサのおかげでもう自身が疫病神なんかではないと思えている。
 今はもう、村で起きた色んな事が俺の所為では無かったんだと思えている。

 そんな中で……今、俺が改めて村に顔でも出したら。
 そこでうまく俺のスキルの事を説明したとして……皆どんな反応をするのだろうか?
 また俺の事を受け入れたりしてくれるのだろうか?

 ……多分それは難しいだろう。
 口で何と言おうと、実際何度か起きた厄災は不幸そのもので。俺だけがその全てを回避したのも間違いなくて。
 結果論でそうなってしまっているのだから、皆に納得してもらうのは難しいだろう。
 アレックス達が最後に俺の事を認めてくれたような、そんな事はきっとそうそうあるものじゃないだろうから。
 だから一体どうすれば俺の人間関係が元の状態に戻るかなんてのは分からない。

 だけど改めて考えて分かった事が一つ。
 今までもきっと考えていたけど、確信を持てた事が一つ。

「……どうすりゃいいんだろうな」

 俺はこういう事を考える位には、今の現状をどうにかしたいと思っている。
 王都で冒険者になり心機一転としながらも、そうやって放置されたままの問題を解決したいと思っている。

 ……まあ、当然と言えば当然だろう。
 そこで過ごしたまともだった頃の生活が、クルージという人間のルーツになっているのは間違いないのだから。

 本当にどうすればいいのかは、全く分からないけれど。





 さて、アリサの家からの帰り道の事である。
 ここで俺は自身に対して大きな違和感を覚える事になった。

「うわぁ……マジかよ」

 足元に不快感が纏わりつく。
 端的に起きたことを言えば、通りかかった馬車に泥を跳ねられズボンが濡れた。普通に運が悪い一件である。

「くそ、マジ最悪なんだけど……」

 俺が起きた事に対してそう言っていた所でふと違和感に気付いた。

 ……運が悪い? 俺がか?

 多分これは普通に運が悪い一件だとは思うのだけれど、俺に対して基本的にそんな普通に運が悪い様な事が起きるなんて事はそうない筈だ。

 それこそアリサの近くにでもいなければ。

 思わず周囲を見るがアリサはいない。いるわけがない。

「……まあ、可能性はゼロじゃないよな」

 本当はもっとエグい事になっていた筈が、軽い泥跳ね程度で終わったんだという考えもできる。というかそうに違いない。そうでなければ俺の場合おかしいんだ。

 そうやって、起きた出来事に違和感を感じながらも無理矢理納得することにした。
 ……少なくとも、この時は。それで済ませていた。

 だけどそれから一週間程して。怪我が完治する頃になってやはりおかしいと思うようになる。

 だってそうだ……SSランクの幸運スキルを持つ筈の俺が……その一週間、運がいいと思えるような事が一度たりともなかったのだから。
 アリサといる時も……そして、俺一人の時もだ。

 俺の身に何かが起きている。

 そうとしか思えない異常事態が俺に向かって降りかかっていた。

「ただキミを幸せにする為の物語 SSランクの幸運スキルを持つ俺は、パーティーを追放されたのでSSランクの不幸少女と最強のパーティーを組みます。一方俺を追放したパーティーは壊滅した模様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く