ただキミを幸せにする為の物語 SSランクの幸運スキルを持つ俺は、パーティーを追放されたのでSSランクの不幸少女と最強のパーティーを組みます。一方俺を追放したパーティーは壊滅した模様

山外大河

番外編 お見舞いの話

 入院生活二日目の話である。

「いや、昨日は参りましたよ。戻って来たら入れなくなってましたし」

 俺が病院に担ぎ込まれたあの日、色々あってアリサはリンゴを買ってくると外に跳び出して言った訳だが、その日それからアリサが戻ってくる事は無かった。
 原因としてはまあ、普通に面会時間を過ぎた感じである。

 昼過ぎにギルドに依頼を受けに行き、依頼を受けて森へ往復二時間。依頼を熟した時間や診察時間などを考慮すれば当然時間は遅くなるわけで、アリサが出てしばらくしてから面会時間が終わってしまった訳だ。

 で、翌日である今日、改めてアリサが面会へやってきた訳だ。

「あ、ほら、ちゃんとリンゴも買ってきましたよ」

「ありがと」

「とりあえず剥きますね」

 そうしてアリサは手にしたバスケットからリンゴと果物ナイフを取りだす。
 ……しかし改めて魔獣との戦いを思い返せば凄いナイフ捌きだった。
 一撃一撃的確に急所を狙っていくし、投擲技術も凄まじい。
 いや、ほんと凄かった。アクロバットな動きしながらもしっかり攻撃の狙いは外さないし、途中俺を投げナイフで支援してくれた時なんて、空中で回転しながらだったからね。もう無茶苦茶じゃない?

 ……ともあれそんなアリサがナイフでリンゴを剥いてくれている。
 剥いてくれてるんだけど……。

「むぅ……」

 なんかすんごいガッタガタ!
 いやね、凄いよ。剥いてもらってる身じゃ何も言えないけど、なんかこう……凄いことになってるよ?
 って危ない危ない! 指切る! マジで指切るって!

「ってアレ? どうしました? 顔色悪いですよ?」

「……察してくれ」

「あ、どこか悪いんですね!? 分かりました! ボクちょっとナースさん呼んできます!」

「ちょっと待ってちょっと待って! 違う違う違う!」

 俺の言葉に慌てて走り出そうとしたアリサを全力で止める。

「へ? 違うんですか?」

「違う。違うから落ち着いてリンゴ剥いてくれると嬉しいな」

「で、でも顔色が!」

「大丈夫! 大丈夫だから! というかナイフ置こう。それ持ったまま外出たら完全にやべー奴だから!」

「あ……」

 言われたアリサは手にしたナイフに一瞬視線を落としてから、俺に視線を向けて言う。

「完全にやべー奴じゃないですか」

「うん、そうだな。だからまあ。落ち着いて。落ち着いてな、リンゴ剥こうな」

「……えらく落ち着きを強要しますね。まあ確かにナイフを持って出ようとしたのはちょっとアレでしたけど」

 それもだけどそれではなく。
 とはいえせっかくリンゴ向いてくれてるのに、危なっかしくて見てられないとか失礼な事言えないし。

 ……頼む、無事終わってくれ……ッ!

 そんな風にかなり不安な気持ちになりながら、リンゴが歪に剥かれていくのを見守った。




「あ、これおいしいな」

「ですよね! 折角なので結構いいの買って来たんです。今朝取れたてです」

 そう言ってアリサは笑みを浮かべる。
 ……うん、マジでウマイ。形がまあ歪だけど。こんな形になるか? って位。
 ……しかし今朝か。

「しかし悪いな。今朝ってことは昨日も買ってくれてたんだろ?」

「あ、アレは結局あの後家で食べましたんで気にしなくてもいいですよ」

「……大丈夫だった?」

「何がですか?」

 ……察してくれ。
 ……まあ手とか怪我してる様子ないし大丈夫だったんだと思うけど。なんかこう……運気関係ない所で心配な事できちゃったぞ?
 ……まあこればかりは考えても仕方がないし、さっきも思ったけど態々やってもらっている側からは言いにくい。深く踏み込めない。
 まあでも……あまり得意ではないのに、それでもやろうとしてくれている事は凄く嬉しいのだけれど。
 不安と同時に優越感の様な物がない訳ではないけど。

 ……まあそれはさておき。

 今日俺はアリサに謝らないといけない事がある。
 これは割とマジな謝罪だ。

「そういえばアリサ」

「どうしました?」

「昨日ギルドで倒れたお前が脳震盪起こしたと思って、背負って病院に向かって走ってた訳だけどさ……どうも小耳に挟んだ話だと、脳震盪って下手に動かしたらマズいらしいぞ?」

「え、知らなかったんですか?」

 バッサリ言われた。
 すごくバッサリ言われた。

「……悪い」

 結論だけを言えば俺の対処は間違いだった感じだ。
 病院に連れていくにしてもあまり振動が加わらないように慎重に行くべきだっただろうし、そもそも俺は誰にも頼れねえと思ってた訳だけども、結果論になるがギルドの受付嬢さんなんかは多分頼れば何とかしてくれた。
 それ故に俺は昨日病院に搬送されたわけで。

 つまりは結構な勢いでやらかしてた訳である。
 それを偶々医者と話していて知った時には、正直顔が青ざめた。
 そしてとにかく謝らねえとって思った。
 そして謝られたアリサは……特に怒る様な事もなく言う。

「まあそれは別にいいですよ。終わった事ですし、何事もなかったですし。第一それで怒るようならもうあの場で怒ってますって」

 そしてそれに、とアリサは言う。

「別に間違ってたっていいんですよ。ボクはボクなんかをクルージさんが助けようとしてくれたって事自体が凄く嬉しかったんですから」

 そう言ってアリサは笑みを浮かべる。
 ……なんかもうこの笑顔守りてえって改めて思ったよ。





 お見舞いを終えたアリサは改めて考える。

(……そういえば本当になんであんなに顔色悪くなってたんだろ)

 あの時クルージの顔色が悪くなった時の話だ。
 自分が我を忘れて果物ナイフを持ったまま病室を出ようとした事に焦って顔色が悪くなるとか、そういう事なら理解できるのだが、それより前から悪かった訳で。
 悪かったから我を忘れた訳で。
 それにやたらと落ち着くように言っていたのも意味が分からない。

 意味が分からな……くもなかった。冷静に考えれば普通に答えに辿りついた。

 どう考えてもリンゴの剥き方である。
 あの時はクルージと話す。リンゴをとにかく頑張って剥く事に頭が一杯になっていたのかもしれない。
 全然クルージの言葉を察する事が出来なかった。

「……あれ? もしかしてボクって凄い馬鹿なんじゃ……」

 それはともかく。
 とにかく一旦はともかく。

「……リンゴの皮位剥けるようになっとこ」

 今は久しぶりに……自分の中で完結する事ではなくなったのだから。

「ただキミを幸せにする為の物語 SSランクの幸運スキルを持つ俺は、パーティーを追放されたのでSSランクの不幸少女と最強のパーティーを組みます。一方俺を追放したパーティーは壊滅した模様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く