俺たちのユニオンの歴史

店長のターレス

序章 ユニオンの創設

「これでいいかな?」

自分で造ったユニオンを見てくれと言わんばかりに話し掛けてくる。

「すでにかなりの数のユニオンがあるだろ、わざわざ自分の手で造る必要があるのか?」

目の前の青年は笑いながら

「僕達二人で大きくしていくのさ、そして、いずれはたくさんの仲間ができるはずさ!そうだろ?『ターレス』。」

青年は俺のことをそう呼んだ、ゲームの中だけの俺の名前だが、不思議と愛着があった。

「あぁ…そうだな。」

だから俺も目の前の青年のことをゲームの中の名前で呼んだ。

「いいぜ…『ベジット』。」

青年…いや、『ベジット』は嬉しそうに笑いながら

「ありがとう!ターレス!これから一緒に頑張ろう!」

数日後…

「「よろしくお願いします!」」

ベジットが造ったユニオンに二人の初心者を迎えた。

「俺たちのユニオンの歴史」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「歴史」の人気作品

コメント

コメントを書く