異世界でスローライフを目標にしましたが、モテ期到来で先の話になりそうです。

koh

第5話

「父さん、工房に行って砥石を一つ借りてきてもらってもいいかな?」
侑は一人になるタイミングを作った。


「構わないが?
侑は行かないのか?」
バトラは怪訝な顔をする。


「まだ、猫が来てないから。
あとから追い付くよ、駐馬場で待ってて。」
侑は猫を理由にした。


「分かった、迷うなよ。」
バトラは何かを察したのか、歩き出した。


侑はバトラが行くと、ウォーターニードルを詠唱した。


「エリカは俺の物だ!!
近寄るんじゃねぇ!
ぶっ殺してやる!」
家の影から、両手剣を振り上げて男が飛び出してきた。


侑はウォーターニードルを手にめがけて飛ばした。
剣を握る手に刺さり、男は痛みで剣を落とした。
侑は手を見る男の顔を蹴り飛ばした。
カバンから鷹丸を出すと、地面にうずくまる男に侑はゆっくり近付いた。
鷹丸の刃を男の顔の近くに刺して


「あんた、誰?
何者だよ?エリカさんの何?
答えないなら、首を落とすよ?」
侑は静かに問うが、かなり怒っている。


「エリカは俺の物だ。
俺はずっとエリカを見てきた。
お前は横取りしようとしている邪魔者だ。」
男は怒鳴っているが、うずくまったままだ。


「エリカさんはお前の事など知らないと言っていた。
大体にして、人を物扱いする奴にろくな奴は居ない。
今すぐ消えて二度と近付かないなら見逃すが、消えないなら消してやる。」
侑はエリカを物扱いした時点で、話し合う気は無かった。


「何故俺が消えなければいけない?
後から出てきたのはお前だろ?」
男は理解していない。


「それが答えでいいな?
お前、横が見えるか?
毒を扱うスライムだ。
自分から消えないなら、今からスライムがお前を噛む。
毒によって、悶え苦しんで死ね。」
侑は最終忠告をする、ルビーも命令を待っている。


「待て、待ってくれ。
なんで、そんなにエリカに肩入れする?
いい女なら他にもいるだろ?」
男は後ずさりながら質問した。


「お前の質問に答える気は無い。
スライムはその気だが、どうするんだ?」
ルビーは男に威嚇した。


「分かった、消えるよ。
二度と近づかないと約束する。
だから、スライムを離してくれ。」
男は漏らしていた。


「早く消えろ。」
侑が言い放つと、男は逃げ出した。


「侑さん、怖かったですよ?
こっちが本性ですか?」
ルビーが笑いながらポケットに戻った。


「さぁね?」
侑も笑った。


黒猫が家の影から出てきた。
後ろに仔猫が二匹ついて来ている。


「もしかして、ホントは怖い人かニャー?」
黒猫は一部始終を見ていたらしい。


侑は笑いながら、仔猫を抱っこして歩き出した。
駐馬場で、バトラは待っていた。


「侑、遅かったな。」
バトラは待ちくたびれたぞと言いながら、待っている間に用意したカゴに猫を入れた。


家に帰ると、ラピスとルビーはまた明日とポケットから出て自分達の家に帰った。


家に入ると、引っ越しの片付けは終わっていてメイは夕食の準備をしていた。


「侑、おかえり。
遅かったわね。」
メイは手を止めて、侑に抱きついた。


「母さん、ただいま。
嬉しいけどどうしたの?」
侑はメイに抱きつかれてビックリした。


「なかなか帰ってこないし、寂しかったのよ。」
メイはクスクスと笑った。


「寂しがりの母さんにお友達を連れてきたよ。」
侑はメイの前にカゴを置いた。


「なになに。」
メイがカゴの中を覗き込むと、三匹の黒猫が寝てる。


「かわいい、どうしたの?」


「ついてきたから、拾った。」


「そう、名前は?」


「まだだから、仔猫二匹は母さんが付けてあげて。」


「親はあるの?」


「親は考えてあるんだ、『オニキス』にしようと思ってる。気に入るかは聞いてみないと分かんないけど。」


「気に入るといいわね、ご飯にしましょう。」
メイは寂しかった分を取り戻すように侑と会話を楽しみ食事の準備に戻った。


食後、リビングで侑は今日の話をした。


「へー、侑は女の子の下着を作ったの。
でも、その子達の気持ちも分かるわ。
私は慣れたけど、やっぱりあっちの世界の下着を着けると違うのよ。」
メイも欲しがりそうな勢いだが、親の下着は作りたくないと侑は思った。


「今のギルマスは変わったばかりで随分若いと思ったが、侑と同年代か。」
バトラは口では文句みたいな事を言っている侑だが、それ程嫌では無さそうなので仲良くして欲しいと願った。


「よく寝たニャー。」
黒猫はノソノソと歩いてきた。


「起きた?
名前なんだけど、あるの?」
侑は黒猫を膝に抱いて聞いた。


「別にないニャー。
好きに呼んでいいニャー。」
黒猫は名前を気にしないみたいだ。


「じゃ、今から君の名前はオニキスね。」
侑が頭を撫でながら、了解を得た。


「オニキスかぁ、いい名前ニャー。
ありがとうニャー。」
名前を気に入った黒猫が鳴くと、侑のポケットでスマステのバイブがなった。


『なんで?』
侑はポケットからスマステを出すと、ステータスを確認した。


『あれっ?』
契約獣が増えてる。


スライム(ブルー種) ラピス
スライム(レッド種) ルビー
ソードキャット オニキス


『はっ?』
侑は鑑定眼でオニキスを見た。


種族 魔猫族
血統 ソードキャット
性別 メス


刃物の様な切れ味の鋭利な爪を持つ。
進化すると、オスはキングソードキャットに
メスはクイーンソードキャットになる。
成長すると体長は一メートルを超える。


「魔猫族になってる。
さっき迄は猫?だったのに…」
侑は動物がモンスターに変わる事を知識としては知っていたが、目の前で起きるとは思ってなかった。

「異世界でスローライフを目標にしましたが、モテ期到来で先の話になりそうです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く