人外と友達になる方法

コング“シルバーバック”

第35話 決勝リーグ 〜認定試験篇〜

決勝リーグのメンバーが揃い、いよいよ決勝リーグが始まった。
ここでも運良く3人はバラバラだっため、当たるとすれば悠火と光秀が準決勝で当たる。

「第1試合始め!」

決勝リーグでは1試合ずつ行うようだ。1試合目は20歳ほどの青年と、僧侶風の男だ。
試合結果は僧侶の勝ちだった。
第2試合は奏鳴の出番である。
しかし運が悪いことに、相手が女子だった。

「奏鳴ドンマイ」

「まだ負けてねぇよ!」

試合の準備が整い、開始が告げられる。
相手は奏鳴の出方を伺っているのか動かない。ただいつげも攻撃出来るように妖符は持っている。

「それじゃ行くぞ、力を貸してくれ」

奏鳴は指輪に向かってそう囁いた。次と瞬間奏鳴の姿が消え、一瞬後に相手の姿も消えた。
一見、目にも留まらぬ速さの攻防なのかと思いきや、相手の女子が場外にいた。
どういうことなのか説明すると、奏鳴が高速で移動し、相手の女子を抱き抱え、そのまま場外に優しく出す、ということだ。
こうして奏鳴も無事初戦を突破した。
続く第3試合光秀の戦う相手はめちゃくちゃ強面の大男だった。悠火の初戦の相手が可愛く見えるほどの。

「勝てそうか?」

「ん〜やってみないとわからないけど、大丈夫だと思うよ」

「爽やか君め…勝てよ」

悠火と光秀が互いの拳をぶつけ合う、まるで青春ストーリーのようだ。

「おう、任せとけ」

試合開始と同時に相手は光秀に術式をかけた。
どうやら体の自由を奪う術式のようだ。見かけによらず器用な術式である。

「ふははは! これで貴様は口を動かせまい。貴様が今までの試合全てを術式で勝っているのは知っておるぞ! 術式を使えぬ貴様を倒すことなど、赤子の手を捻るより容易い!」

なんでこうもフラグめいたことを言うのだろう。あと、完全に余談だが、赤子の手は絶対に捻れない。だって可愛いんだもの!

「………」

光秀は身動きを取れずにいた。何やら周りで見ている女子の一部が相手に向かって最低だの、酷いだの言っている。光秀に惚れた親衛隊のようなものが出来上がっていた。

「イケメンって怖ぇ…」

しかし相手は聞こえていないのか、それともハートが強いのか、光秀にとどめを刺そうとしていた。
が、腕を振り上げたところで動きが止まった。

「やれやれ、少し時間がかかっちゃったな」

「な…貴様……うご……」

「ん? 何で動けるのかって? それはね」

光秀が相手の額にデコピンを入れる。すると、巨漢が小石のように軽々と吹き飛んでいった。

「秘密だよ」

今のは女子が耳元で言われると萌えるやつだ。
無事光秀も勝利し、いよいよ悠火の番だ。
悠火の相手はラッキーなことに今にも倒れそうなヨボヨボのお爺さんだった。

「だ、大丈夫ですか?」

「………は?」

「お体大丈夫ですか?」

「……何?」

駄目だ、耳が遠すぎて聞こえていないのからしい。だが、それでも予選を勝ち抜いた猛者には違いない。油断は出来ない。

「試合開始!」

「……は?」

開始の合図も聞こえてないらしい。仕方なく審判が文字に書いて見せる。が、しかし、老眼で見えないようだ。老眼鏡をかけてようやく理解したようだ。

「おお、開始と言ったのか。すまんすまん」

老人は悠火に一礼する。悠火もつられて一礼する。悠火が顔を上げた時、まだ老人は頭を下げていた。恐る恐る近づくと寝息が聞こえる。

(この爺さん立ったまま寝てやがる!)

老人がハッと急に目を覚ました。

「ふぅ…よう寝たわい」

さて、どうしたものか。この老人をボコボコにするわけにはいかない。かといって負ける気もない。

「あの〜相談なんですけど棄権してくれませんかね?」

「…は?」

まったくまた聞こえてないのか…

「付け上がるなよ、小僧!」

「え?」

老人の声がはっきり聞こえた。まるで先ほどまでとは別人だ。

『悠火! 離れろ!』

咄嗟に後ろへ飛んで距離を取る。悠火の服が少し破れる。

「ほう、よく避けたの。ワシの風迅ふうじんを」

「さっきまでのヨボヨボ爺さんは何だったんだよ!」

「ふぉっふぉ! ……何て?」

「また戻った!」

「冗談じゃ!」

老人が悠火に向かって進軍する。
着地してすぐの悠火は迎撃に入るのが遅れる。そして、戦いにおいて一瞬の遅れは命取りだった。

風牙ふうが!」

老人の放った風の斬撃が悠火に迫る。

(くそ! 出し惜しみしてる場合じゃない!)

「行くぞ! 狐々愛!」

『行くぞ! 悠火!』

「『術式反転』」

風の斬撃が進む方向を変え、老人に向かって進み始める。

「何! ふんっ!」

老人は迫る斬撃に新たな斬撃を衝突させ打ち消す。

「…成る程の……」

老人はゆっくりと悠火に歩み寄る。

「その歳でそこまで妖狐の力を扱えるのは見事じゃ」

老人が悠火にしか聞こえないほどの小声で言った。
周りで見ているギャラリーは急に戦いが止まり戸惑っている。

「爺さん、なんで俺が妖狐の力を使ってるのがわかったんだ?」

「わかるさ、ワシも妖術を使う者の端くれじゃ。これからも精進せえよ」

老人は審判に向かって言った。

「ワシの負けじゃ」

審判は突然のことに驚いていたが、試合の終わりを告げた。

「そこまで!」

そして悠火の勝利が告げられる。
こうして、ベスト4に無事残ることができた。
決勝リーグ2回戦開始!




読んでいただきありがとうございます。コングです。

今回出てきた謎の爺さん。この話で説明したかったんですが、文字数の関係で後回しになりました。
これだけは言っておくと、出落ちキャラではないです。
新キャラ2人目です。

それではまた次回!

「人外と友達になる方法」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く