人外と友達になる方法

コング“シルバーバック”

第25話 悪鬼の潜む街 〜鬼篇〜

大捜索を始めて1週間。ようやく動きがあった。

「ようやく新しい噂を掴んだぜ!」

奏鳴は自信満々に語る。

「で、どんな?」

「聞いて驚くなよ。今回の妖怪は鬼だ」

「「鬼?」」

悠火と光秀は顔を見合わせる。

「鬼か…」

狐々愛は思い当たることがあるのか、考え事を始めた。

「その鬼はどこに出るんだ?」

「場所は決まってないらしい。でも、時間は決まって夜中って聞いたぞ」

「被害は?」

「聞いた話によると、まだ被害はなさそうだ。鬼を見た人も、質問されただけらしいしな」

「質問って?」

「えっと確か……」

「“己は黒を許諾するにたる器か?” じゃろ?」

「そうそう! ってことは狐々愛ちゃんの知ってる妖怪なの?」

「知っておる。其奴の名は“黒鬼くろおに”、特級の神獣じゃ」

3人は息を飲んだ。
あの雷王でさえ上級なのだ。特級とは一体どんな化け物だというのだ。

「黒鬼は危険じゃ。しかし、器を探しておるということは、まだ封印から解放されて少ししか時間が経っていないということ、それなら勝機はある」

3人はホッとした様子で息をなでおろした。

「善は急げじゃ、今夜黒鬼を討伐するぞ」

「今夜? まだ準備もしてないのに、大丈夫か?」

「もし今夜にでも器を見つけられたら厄介じゃ。それに他の鬼と合流されても困る」

確かに鬼数人と戦って勝つ自信などまったく起きない。

「それでは今夜の0時、学校に集合じゃ」

「「「おう」」」




「悠火ー、一緒に帰ろうぜ」

「おう、今行く」

悠火は帰る支度をして、3人の待つ玄関へと走る。

「こうやって4人で帰るのって久しぶりだな。2週間ぶりくらいか?」

「そうでもないよ、6日前にもあったじゃないか」

「そうだっけか?」

相変わらず奏鳴は適当だ。
そろそろ光秀、奏鳴の2人と別れる十字路が近付いてきたその時。

「おい、そこにおる貴様。出て来い!」

突如狐々愛が、大声を荒げた。

「流石は天狐だ。術を使わずに看破するとは」

何もない空間から声がする。
次の瞬間、何もなかったはずの空間に突如黒い人影が現れた。

「現れるのは夜中と聞いていたが?」

夜中に現れる黒い人影。それが示す答えは1つ。目の前に立つ人影の正体は、黒鬼だ。

「別に自分からそう言った覚えはないさ。ただ人目につかないように夜中にやってただけで」

「ではなぜ今回はこんな夕方に?」

「僕の器に相応しい人間を見つけたからね」

黒鬼はゆっくりと、その細い腕を動かし、こちらを指差す。
その枯れ木から伸びる枝のような指が指したのは。

「俺?」

奏鳴だった。

「そうだ。お前は僕の器に相応しい」

黒鬼はゆっくりとこちらに近付いてくる。

「止まれ、あと一歩でも近付くと攻撃する」

狐々愛の言葉を聞いた黒鬼はそこで歩みを止めた。

「己は黒を許諾するにたる器か?」

「は?」

「奏鳴! 答えるな!」

「もう遅い!」

突然黒鬼の姿が朧げになり消えた。

「どこに行ったんだ?」

悠火は小声で呟いた。

「なんだよ逃げたのかっ! かはっ!」

奏鳴が突然苦しみ出し、地面に倒れた。

「いかん! 奏鳴、気をしっかり持て! 奴に呑まれるでない!」

「狐々愛! どうしたんだよ!」

「黒鬼が奏鳴に憑依したのじゃ! このままでは奏鳴は黒鬼に呑まれるか、最悪死んでしまう!」

「そんな!」

狐々愛は術式を唱え、印を結ぶ。
しかし、弾かれたように吹き飛ばされる。

「まずい! 奏鳴の体が器に適し過ぎている! 妾の妖力では抑えられん!」

狐々愛に無理なものを悠火や光秀がどうこう出来るはずがない。

「何か方法はないのかよ!」

「奏鳴の意思が黒鬼に勝ってくれるのを祈るしか方法がない!」

その時、悠火はあることを思い出した。

「そうだ!」

悠火は奏鳴に駆け寄り、奏鳴のズボンのポケットから指輪を取り出した。

「奏! これを見ろ! お前は妖怪なんかに負ける男じゃねぇだろ! 帰って来い!」

奏鳴の目が悠火の持つ指輪を捉えた。
その瞬間、今までで1番の絶叫を上げて、奏鳴は気絶した。

「おい、奏! しっかりしろ! 奏!」

すると奏鳴は目を開け、ゆっくりと立ち上がった。

「奏…?」

立ち上がった奏鳴は虚ろな目をして、笑っていた。

「はははは! これだ! この器だ! 力がみなぎってくる!」

「そんな…奏……」

奏鳴は悠火に手を向けた。

「先ずは貴様からだ! 死ね!」

悠火は目をつぶって腕で体を守ろうとする。
しかし、特級妖怪の前でそんな防御は意味をなさず、悠火は吹き飛ばされる。

ことはなかった。

「ははっ! ビビり過ぎだろ悠火!」

「え?」

顔を上げるとそこにはいつもの笑顔をした奏鳴がいた。

「どうして、お前…だって」

「あれは冗談だよ。俺は完全に正気だぜ」

あの時悠火が見せた指輪と声が奏鳴の意思を後押しし、黒鬼の憑依を跳ね除けたのだ。

「それじゃ黒鬼はどこに!?」

「ああ、あいつは俺の中にいるよ」

「はぁ?」

「何か俺の体が適し過ぎてて、自分の意思で出られないみたい」

「そんなことがあるのか?」

悠火は驚きのあまり何も考えられずにいたが、誰よりも驚いていたのは狐々愛だった。

「奏鳴、体に何も変化はないのか?」

「うん、ないよ」

「ありえん…400年前の上級妖術師でさえ、鬼に憑依されればひとたまりもないというのに…それを特級の黒鬼じゃぞ?」

「そんなに凄いことなの?」

「ああ、とんでもないことじゃ! 妾が知る限り黒鬼に憑依されて無事じゃった者など1人もおらん…しかし、これで封印しやすくなったな」

狐々愛が黒鬼を封印するため、妖符を取り出し、詠唱を始める。
しかし、それを止めたのは奏鳴だった。

「黒鬼が器を欲しがってたのって、妖力が欲しかったからだろ? それなら俺から取ればいいじゃん。そしたらもう人間を襲ったりしないだろうしさ」

「それってつまり?」

黒鬼こいつを俺の式神にする!」




読んでいただきありがとうございます。コングです。

新キャラ黒鬼出ました!
鬼ってカッコいいのでこれからもっと出てくると思います。

他にも有名な妖怪からローカルな妖怪まで出していこうと思いますので、これからもよろしくお願いします!

それではまた次回!

「人外と友達になる方法」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く