人外と友達になる方法

コング“シルバーバック”

第7話 コーヒーとココア 〜学校篇〜

天狐のことが静香にばれ、仕方なく悠火は今日あった出来事を包み隠さず話した。

「じゃあ、この子…天狐ちゃんは妖怪なの?」

「うん…そういうこと。で、でも俺が天狐に助けられたのは事実だし、こいつは悪い奴じゃないんだ」

「静香殿、悠火を叱らんでやってくれ」

悠火と天狐は必死に互いを庇う。
しかし、それに対する静香の返答は意外なものだった。

「わかったわ。つまり天狐ちゃんはいい妖怪なのね? それなら好きなだけここに居てもいいわよ」

「「え?」」

「伊鳴家は先祖代々、お稲荷様を祀ってるの。だから狐の妖怪は神様の使いみたいなものだわ」

「い、いいのか婆ちゃん」

まさか受け入れられるとは思わず、悠火は戸惑っていた。

「ええ、悪い妖怪だったらうちの敷居を跨がせることはさせないけどね。でも、天狐ちゃんはいい子なんでしょ? じゃあ、うちに上がるのに何の問題もないわ。天狐ちゃん、こんなところでよかったらゆっくりしてね。悠火とも仲良くしてあげてね?」

「勿論じゃ!」

天狐は嬉しそうに尻尾を振っている。

「なら、今日から天狐ちゃんはうちの家族よ。よろしくね」

「よろしくの、静香殿」

静香からの許可も得て、正式に天狐が家族となった。





そして長い回想を経て。

「おお! 遅かったのう。先に頂いておるぞ!」

「馴染み過ぎだろ…」

天狐はご飯に味噌汁、焼き魚に漬物とThe和食といったメニューだ。

「はい、悠火はいつものパンとコーヒーね」

静香が悠火の朝食を運んでくる。

「ありがと」

朝に飲むコーヒーは格別に美味しい。 うん。 この刺さるような視線が無ければ。

「ゆ、悠火! この禍々しい汁は何じゃ!」

「ん? コーヒーのことか?」

長い間封印されていた天狐はどうやらコーヒーを知らないらしい。

「こーひーとな? 妾が封印されておった間に日本は変わってしもうたのう…」

「まあ、そう言わず飲んでみなよ。美味しいよ?」

「この禍々しさは…」

「食べず嫌いはお父さん関心しないなぁ」

「妾の父親づらをするでない! 飲めば良いのだろう! 飲めば!」

天狐は悠火の手からコーヒーのカップを奪い、一気に飲み干した。

「苦っ!」

そして、吹き出した。


少し時間が経ち、悠火が学校へ行ったため、家には天狐と静香の2人になった。
先の一件以来、天狐はご機嫌斜めだ。

「静香殿の作る料理はどれも美味いが、こーひーはダメじゃ…あれはダメじゃ…」

「まあ、さっきのはブラックだったからね。これなら天狐ちゃんでも飲めるわよ」

そう言って、静香は天狐の前にココアを置いた。

「さっきのこーひーよりは色が白いのう?」

「これはココアって言うのよ。これは甘いくて美味しいわよ」

天狐は恐る恐るココアを飲む。

「ゴクンッ……! 美味い! 美味いぞ!」

「それは良かったわ」

静香はキッチンで食器洗いをしに戻る。

「静香殿。聞きたいことがあるんじゃが」

「何かしら?」

「どうして昨日の夜、悠火に本当のことを言ってやらなかった?」

天狐が聞きたかったこと、それは昨日の夜の話のことだ。

「何のことかしら?」

「とぼけても無駄じゃぞ。伊鳴家は先祖代々お稲荷様を祀っている、これは本当のことじゃが、静香殿は悠火に1番大事なことを伝えていない。それはー」

天狐が小さく息を吸う。

伊鳴家が代々続く妖術師の家系だということじゃ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




読んでいただきありがとうございます。コングです。

僕もブラックコーヒーが飲めません。ミルクがあると飲めますが、ココアの方が好きです。

今回は少し短くてすみません。

それではまた次回!

「人外と友達になる方法」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く