俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第80話 あれから一ヵ月……

 あの始業式の日から約一ヵ月が経過した。
 この一ヶ月間はなんというか……疲れた。
 美月はあれ以来、目を合わせてくれず、かと言って話しかけてこないというわけではなく、以前より積極的になった。
 休み時間になる度に俺の席まで来て、「今日の数学は難しかったね」とか「ここの問題が分からない~」とか爽やかな笑顔で話しかけてくる。
 それについてクラス中のみんなは俺たちがデキてるんじゃないか説を勝手にたてたりといろいろな誤解を招いている。
 一方で六花とユキはというと……今もお怒りです。
 話しかけようとして近づけば、「近づくんじゃねえ」とか「誰だてめぇ」とかヤンキーのような口調で睨みつけてくる。
 学校でも家でも態度は変わらず、俺から避けたいのか、休み時間になれば、六花は教室から消えているし、放課後の部活の時も二人は来ない。
 「求人部廃部の危機だ!」とか愛は呑気なことを部活中に言っていたりするが、危機に瀕しているのは俺の方だ。
 問題は時間が解決してくれると思っていたが、どうやら今回のことについては、いくら時間が経過しようと解決してくれないようだ。
 
 「はぁ……」

 「どうしたの?」

 そして今現在。
 いつものように学校が終わった放課後。俺は部室にて長机の上にうつ伏せていた。
 毎日が憂鬱で仕方がない。
 やる気もでなければ、元気もでない。
 そんな俺を心配しているのかどうなのか、美月が俺の隣に座ってこちらの顔を伺っている。

 「……なんでもない」

 そんなにジーッと見つめられるとなんか……恥ずかしい。
 ……って、いつから俺の目と合わせることが出来るようになったんだ?

 「そう?……なんか悩んでるんじゃないの?」

 「うーん……まぁ……」

 その悩んでいることが美月と六花たちのことなんだが……。
 当たり前だが美月には悩みごとなんて言えるはずもなく、俺は家から持ち込んできたPFVitaをカバンから取り出した。

 「むぅ…僕をほっといてゲームするなんて……」

 美月は不満を漏らしながら長机にひじを置き、頬をつく。
 そんな可愛い行動をとられても俺はゲームをするんだ!……可愛いは毒!可愛いこそ人間の悪だ!

 「僕じゃ……ダメなの?」

 「……え?」

 「僕なんかじゃ……翔太くんの……」

 いきなりの言葉に思わず美月の方を見ると、目がうるうるしていた。
 子犬のような瞳に思わず、魅入ってしまう。

 「そんなわけ……」

 「ない!」と言いたかったが上手く言葉がでない。
 そもそも俺と美月はただの友だちだ。
 もっと正確に言うのであれば、友だち以上恋人未満の関係。それ以上にもそれ以下にもならない。
 だからかもしれない。言葉が上手く出なかった理由は。

 「ちょ、ちょっと、トイレに行ってくる」

 このなんとも言えない空気に耐えきれず、俺は部室を飛び出した。美月の返事も聞かず。
 こういう時にこそ愛が来て欲しいのに、肝心な時に限って、掃除当番だのでいない。
 このままじゃ……………………。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く