俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第73話 美月とデートで……

 美月に連れられ、いろいろな出店を回ることにした。
 ちょうど昼頃ということもあり、出店が立ち並ぶこの参道も参拝客でごった返している。
 そんな中ではぐれたら探すのも大変になるため俺も握られた手を握り返すと、ビクンっと美月は飛び跳ねた。

 「な、何するの!」

 頬を真っ赤にして上目遣いで抗議する美月。
 やっぱり可愛い!
 女の子と分かった今だから素直にそう思える!

 「な、なな何を言ってりゅのですか!」

 「へ?」

 「だから……か、可愛いって……」

 「え?!口に出てた?!」

 急激に恥ずかしくなってきた。
 こんな人が多い中で俺は口に出してしまったというのか。
 ……ヤバい。顔が熱いよ!

 「と、とにかく何か買おう!」

 「……うん」

 先ほどまでは美月に引っ張られるような感じで連れられていたが、今度は俺が美月を引っ張るような感じになっている。
 美月は顔を下に俯かせて表情はよく見えないが、耳がいちご以上に真っ赤だ。
 周りの見知らぬおばさんからは「あらあら、若いわね~」と言われたり、「今の子は大胆!」なんて言われたりで今すぐこの場から逃げ出したい!
 
 「ちょっと誰もいないところに行こ」

 このままだと恥ずかしさのあまり死んでしまう。
 誰もいないところで一旦休憩しよう。

 「だ、だだだ誰もいないところ?!」

 だが、美月は何と勘違いしているのか、俺から少し離れると両手で自分の体を隠す仕草をした。

 「ま、まだ早いんじゃない…かな?」

 と思いきや、次は隠す仕草から手をモジモジ。
 そして涙が溜まった目で上目遣い。
 何が早いのか分からない。
 俺はただこの場から逃げ出して休憩したいだけなのに。

 「もしかしてだけど……アレと勘違いしてないか?」

 「アレ?」

 やっぱりアレと勘違いしている。
 美月はキョトンとした表情で首を傾げているが、たぶん……というか絶対にアレと勘違いしている。
 アレはつまり……俺からは言えないが分かるよね?

 「俺はただ休憩したいだけなんだが……」

 俺はそう美月に言った。
 すると、それを聞いた美月はまたもや真っ赤になって噴火寸前の状態になった。
 やはりアレだったか……。
 もっと美月をこれをネタにいじりたいが、これ以上したら噴火してしまう。
 
 「分かったなら行くぞ」

 俺は再び小さな手を握ると美月も握り返してきた。
 その力は弱々しく、守ってやりたいと思ってしまう。
 もし将来女の子と付き合うことができるとしたら、美月みたいな女の子も悪くはないかなと思う。

 「うぅぅぅ……」

 恥ずかしさで顔を再び下に俯かせ呻いている。
 だが、そんな美月も可愛い。
 俺たちは誰もいなさそうな神社の奥へと向かった。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く