俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第72話 美月の願い

 昼過ぎ。
 やっと着替え終わった六花たちとともに照国神社へやってきた。
 予想通りに参拝客で混みあっていて本殿までの行列が参道までの階段まで続いていた。
 どうするかと六花たちと話し合っていたが、

 「私たちは並んでおくから、しょーくんと美月ちゃんは出店で何か買ってくれば?」

 美月の背中を押して俺に押し付けてきた。
 その後六花はパチリと俺にウインクをして小声で「この機会に仲直りしてきなさい」と耳打ち。
 さすが六花。
 このチャンスを作ってくれるとは。

 「し、仕方ないな…美月どこかに行くぞ!」

 「うん…」

 俺は美月を引き連れて出店が並ぶ方へと向かった。
 去り際に六花から「手も繋ぐんだよ~」と小声で俺に言ってきたが……簡単にそんなことできるわけないだろ!

◆❖◇◇❖◆

 「まだ怒ってるよね?」

 六花たちと別れ、しばし歩いたところで俺は恐る恐る聞いた。
 
 「当たり前でしょ!」

 「ですよね~」

 目を逆三角形にして俺を見上げてきた。
 美月の怒った顔はどちらかというと怖くないし、可愛い。
 だから怖くはないが、ものを投げようとする行動だけはやめてね!
 ――現に今もそこら辺に落ちていた拳大の石を投げようとしているし……って死んじゃう!

 「すまんすまん!本当に悪かった!なんでもするから許してくれ!」

 石を持っている方の手首を掴んで必死に懇願した。
 
 「…なんでも…本当に?」

 「ああ、なんでもだ」

 一瞬にして美月の目が何かを企んだ時の目になったが、俺は大丈夫だろうか?
 ちょっとヤバい感じがしなくもないが…一度言ってしまった言葉はそう簡単に取り消すことはできない。
 変なことにならなければいいのだが…。

 「ここにある出店のもの全て買ってきて……と言いたいところだけど一つだけ僕の願いを叶えてくれたら許してあげる」

 「おお、それはなんだ?」

 一瞬ヒヤッとしたが美月の願いを叶えてあげるくらいならお安い御用だ!
 だけど、どんな願いなのだろうか。
 ここにある出店全てよりも価値があるものなのだろうか。

 「そ、その……」

 美月の顔が急激に赤くなっていく。
 手足もモジモジさせて次第に顔を俯かせてしまった。
 ――そんなに言い難いことなのか?
 どちらにせよ美月が言ってくれない限り、俺はずっと美月の願いは叶えてやれないし、許してもらえない。
 
 「あのさ、別に気にせずに言ってもいいんだよ?どんなことでも絶対に叶えてやるからさ」

 ちょっと言いやすいように微笑みかけてみた。

 「うん、じゃあ言うね!」

 効果があったのか俯かせていた顔を上げ、ニッコリと微笑んだ。

 「単刀直入で言うけど…僕とデートして欲しいんだ!」

 「……え?」

 微笑んだままの顔がそのまま硬直した。
 美月はムッとした顔をして「聞いてるの?」とくっついてくる。

 「あ、ああ、分かった」

 「ホント?」

 美月は「やった!」と言ってさらにくっついてきた。
 女の子とカミングアウトしてからは、さらしみたいなものはしていないらしく、胸の柔らかさが伝わってくる。

 「早く行こ♪」

 美月は一気に機嫌を良くすると、俺の手を握ってくる。
 結構、見た目と裏腹に大胆な美月さん。
 この後どうなっていくのだろうか。
 ――どこでギャルゲーみたいなイベントフラグが立ったんだ?

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く