俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第65話 年末

 クリスマスから一週間近く過ぎ、とうとう今年も最後の日となった。
 朝、寒さに目を覚ました俺は何気なくカーテンを少し開け、霜で曇っている窓ガラスを手で拭く。すると、窓の外は真っ白。まぁ、クリスマスの時も雪が降ってたし、そんなに珍しいとは思わないが、かなり積もっている。

 「鹿児島でこんなに降るのは珍しいなぁ…」

 本州最南端の県であり、同時に南国でも称される鹿児島に日頃から降り積もる灰色の火山灰ではなく、白色の雪が積もるのは本当に珍しい。三十センチ積もっただけでも県内では大ニュースになるのに今回はそれを大きく上回る一メートルも積もっていた。
 ――地球もこれで終わりか?
 そんな風に考えちゃうのも無理はないよね!だって、世間…いや、世界では地球温暖化とか海水面上昇とかで騒がれてるよね?その影響が鹿児島に来たと考えてもおかしくはない。
 でも、そんな中である国の大統領が地球温暖化はウソとか言っていたが本当のところはどうなのだろうか?
 と、地球の未来のために真面目に考えていたが……今は自分の未来を考えよう。
 寒さに身震いをしていた俺は近くにあったリモコンでエアコンを作動。そのまま温かさが残っているベッドに戻り、ひとまず凍死は免れた。
 ベッドで毛布に包まりながらしばしゴロゴロしていると、次第に部屋の空気も暖かくなってきた。
 その暖かさに眠気を誘われ、大きな欠伸を一発、二発、三発。もう目頭には欠伸による涙でいっぱい!

 「もう……一眠り……」

 そして、俺はそのまま夢の中へと舞い戻ってしまった。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く