話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第63話

 「グスン……ごめんなさい……」

 「……反省してます……って、なんで俺までなんだよ!」

 今、俺とユキはリビングで正座させられている。
 目の前には六花が激おこプンプン丸状態で仁王立ちして、あーだこーだ言って説教している。
 説教の理由は……もう分かるよね?
 そう。俺たちが今怒られている理由は言うまでもないが、ユキのアレだ。
 俺が裸のユキに抱きつかれ、理性が崩壊する前に遅いと思って戻ってきた六花に見られて、今この状況になっているのだが……。
 六花に見られた時は本当にやばかった。もうどこから出したのか分からないが、ナイフでどーん!
 ギリギリのところで真剣白刃取りのように両手でキャッチしたから良かったものの……これをもしまともにくらったら俺は愚か、さすがのニャル子さんですら死亡してしまう。……惑星保護機構が騒ぎ出すぞ!
 まぁ、フォークで頭刺されても平気なニャル子さんのことはここまでとして……俺までこの仕打ちとはいかがなものか。
 俺は簡単に言えば襲われた身だ。
 もっと分かりやすく言えば、レイプされそうになった女子がたまたま通りかかった警察官に助けられ、そしてレイプ犯と一緒に逮捕されるという極めて変な状況だ。
 男子というものは本当に理不尽な生き物だ。今の俺のように何もしてないのに怒られたり、学校の体育では女子並みに体力がないにもかかわらず、『男だろ!もっと頑張れよ!』と熱血教師に怒鳴られ……なんで?!男女平等な世の中じゃないの?よく周りの大人たちが言うよね?男女平等だって。社会でも習ったでしょ?なのになのになのになのにッ!……もう見えざる手でも使って殴り倒そうかな?

 「しょーくん、聞いてるの?」

 「あ、はい……聞いてます」

 六花が睨みつけるような目で俺を見下ろした。
 普段の六花と怒ってる六花の雰囲気があまりにも違いすぎて、さっきから身震いが止まらない。
 ……女ってやっぱり怖ぇ……。

 「ユキちゃんも次から私の許可なくそんなことしちゃいけないよ?分かった?」

 「……はい」

 ユキも六花が怖いのか、ずっと俯いたままである。
 声も微かに震えており、蚊の羽音のように小さい。
 これでユキも反省して次からはこういう事はしないだろうと安心した反面、俺は疑問に思ったことがあった。
 
 「ちょっといいか?なぜ俺を襲うのに六花の許可が必要なんだ?」

 「それは決まってるじゃない。しょーくんは私のものだからよ」

 「は?」

 俺は何を言ってんだみたいな目で見ると、六花は失礼なみたいな目で見返してきた。

 「しょーくんは私のもの」

 「二回言わなくても分かってるわ!てか、俺はものじゃない!人間だ!俺の人権はどうなってるんだ!」

 「しょーくんに人権なんてあるの?」

 何バカなことをほざいてるのみたいな表情をする六花さん。それはお前だ!

 「俺には人権がある!というか、日本国憲法で保証されている!」

 「……まぁ、そういうことにしておきましょう」

 何も言い返すことができなかったらしく、少し間が空いた答えだったが……いやいや、そういうことなんだよ!
 こうしてひとまず、六花の説教は終わったのだが……時間は午後十一時。
 結局、寝る時間はいつもと同じくらいになりそうだ。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く