俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第62話

 気まずいクリスマスパーティーのような夕食が終わり、いつものような夜を過ごした俺たちはいつもより少し早い時間に寝ることにした。
 今日は特に動いたというわけでもないが、疲労感がいつも以上にする。
 自室に続く階段も足に重りが付いているのではないかと錯覚させるぐらい一段一段登るのが辛い。……そういえば朝、学校に登校して教室に続く階段を登る時もこんな感じだなぁ……。みんなもない?朝の学校の階段、足が重く感じない?
 そう思いながら足を動かしていると、自室の目の前まで辿り着いた。あとはドアを開けてベッドにダイブするだけ。これで今年のクリスマスともおさらばだ!
 と、思っていたが、ドアを開ける前にあることに気がついた。

 「そういえば……プレゼント交換してないなぁ……」

 六花が言っていた予定では寝る前にプレゼント交換をするはずだ。
 でも、俺たちはそれを忘れて今寝ようとしている。
 ……うーん。
 伝えた方がいいのかな?
 
 「仕方ない……呼びに行くか……」

 ドアノブにかけた手を離し、その隣にある六花の部屋へ足を進めた。
 六花の部屋の目の前に着くと、ドアの隙間から微かな光が漏れていた。
 どうやら六花は起きているようだ。
 その事が分かれば、ひとまず一安心。
 寝ていたらなんか……起こすのが申し訳ないからね。
 俺はノックを軽く三回した。
 すると、部屋の向こうから可愛らしい声がした。もちろん六花の声。

 「はいはーい」

 「よう……」

 軽く挨拶をして俺は忘れていたプレゼント交換の話をした。

 「ああ!忘れてたね!」

 六花は本当に忘れていたらしくテヘペロと方目を閉じて舌を少し出した。
 俺はその反応を見て、ペコちゃんのモノマネかと思ったが……うぜぇ。殴りてぇ。苛立ちという感情が出てきたのはなんでだろうね!
 まぁ、六花はこれぐらいとして次はその向かい側にあるユキの部屋に軽くノックをした。
 ドアの隙間からは微かな光は漏れ出てなく、部屋の電気が消えていることが分かる。
 となると、ユキは寝ているのだろうか?
 そう思ったが、部屋の中から声が聞こえた。ユキの声だ。

 「入るぞ。……って?!」

 部屋に入るとともに明かりが着いた。ユキが着けたのだろう。
 でも、それと同時に部屋の中が明かりで照らされ、机やベッド、可愛らしいうさぎのぬいぐるみが見える。……で、見えるのは見えるのだが……俺の目にはユキの裸も見える。
 妹とはいえ、義理だ。
 法的には結婚しようと思えばできる。
 よくラブコメのアニメでも義理の妹がヒロインっていうことが最近多い。
 世の中は義理妹が流行ってる。
 すなわち…………俺は一体なにが言いたいんだあああああああああああああああああ!!!
 頭が真っ白になって分からなくなった。
 その間にユキは抱きついてくるし。
 ユキの柔らかな感触が服越しで伝わってくる。

 「ねぇ、知ってた?義理なら兄妹でも結婚できるんだよ?」

 「し、ししししってりゅよう!」

 近い近い近い!近すぎてめっちゃ噛みまくったよ!
 これは……ヤバい。非常にまずい。
 このままでは理性が持たないどころか崩壊して襲ってしまう!
 もう……助けて!アン〇ンマーン!

 「お兄ちゃん……ここ……硬いよ?」

 「ど、どどどどこしゃわってりゅんだ!」

 気がつけばユキの手は俺ジュニアに触れていた。
 触り方がエロい。って、触ってる時点でエロい。
 え、なにこれ?エロ同人誌のなんかですか?
 さらに頭が混乱する俺。
 息遣いは荒くなり、同時にユキの呼吸も荒い。
 ユキの息が首筋に当たり、さらに変な気分になってしまう。
 ……………………終わった。
 俺の初夜はこの日だったか。
 あんなにクリスマスにカップルがあんなことこんなことをするのはいけないと批判していたこの俺が。
 まさかこうなるとは……。
 さらば童貞!はじめまして初夜!

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く