話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第56話 クリスマスイブ【中編】

 「で、なんでお前までついてきてるんだ?」

 「なんでって、お兄ちゃんとウチ一心同体じゃない」

 「え……しょーくんって……とうとう妹に手を出したの?」

 「出してねぇよ!ユキ、誤解を招くような言い方するな!てか、一心同体ってどういう意味だよ!意味が分からん」

 ったく……なんなんだよ。
 俺たちは今例のクリスマスイブ限定イベントやらに参加しにあるアミューズメント施設に来ているのだが、当初予定していた六花と二人ではなく、もう一人ユキまでついてきてしまった。
 そのせいで周りのカップルからは変な目で見られるし、なんかコソコソ言われてる気がする。
 
 「そもそもお前ら俺から離れろ!」

 「えー」

 「お兄ちゃんからは離れられない!」

 今の俺の状況を説明すると、右腕に抱きついてきているのが六花で左腕に抱きついているのがユキ。
 周りの男どもからは羨ましそうな視線を受けつつも同時に嫉妬の視線も雨のように俺に降り注いでいる。
 正直、美少女二人を連れている様はまさに両手に花。俺自身満更でもない気分なんだが……ヤバい。危ない。
 俺はリア充を恨み、リア充の破滅を願う者。非リア充の世界代表としてはこんな状況はあってはならない。
 ここはひとまず……なんとかして離れてもらわないと!

 「おい、いい加減……」

 「ねぇ、あれ見て!クリスマスツリー綺麗だよ!」

 「……あぁ」

 絶妙なタイミングで俺を阻んだ六花。
 言われるがままにクリスマスツリーを見ると……たしかに綺麗だ。
 でも、そうではない。
 ちゃんと離れてもらわないと!じゃないと……周りの男どもの視線が一層鋭く……って、お前ら彼女いるだろ!隣に本物の彼女がいるだろ!俺の両サイドにいる美少女は彼女でもないぞ?ただの友人と妹だからな!

 「お兄ちゃん……愛してる!」

 「何言ってんの?」

 六花と同じくクリスマスツリーを眺めている時、いきなり隣のブラコンが何か言ってきた。
 ユキの頬は寒さでなのか分からないが赤くなっている。
 俺は…………無表情だった。
 というか、たぶん表情にも出てたと思う。お前頭おかしくなったかっていうのが絶対に表情に出てた。
 その証拠にユキはプンスカプンスカ怒りだした。

 「なんでそんなに冷たいの?ウチのことが嫌いなのお兄ちゃん!」

 「嫌いじゃないけど……妹としては大事に思ってるぞ?」

 「妹として?!」

 ユキは目を見開き、いかにも驚いたみたいな表情をした。
 どこでそんなに驚いたのか俺自身分からないが……みんなも分からないよね?俺、別に変なこと言ってないよね?普通だよね?兄妹としては当たり前のことを言っただけだよね?

 「ねぇ!二人でなにイチャついてるの?」

 そんな俺とユキのやり取りに嫉妬したのか六花が俺の腕を一層強く抱きしめながらそう言ってきた。
 俺の腕が六花の小さい胸に押し付けられ、ふにゃふにゃになってしまいそう。……とにかく小さいけど柔らかいってことだよ!言わせるなもうっ!

 「と、とりあえず……店の中に入らないか?」

 俺は六花の小さい胸の柔らかさを感じながらそう提案した。
 外は一層寒さを増してきている。
 それを感じたのか六花とユキはこれだけには俺の言うことを聞いてくれた。
 けど……もうそろそろ離れてくれないかな?
 時刻はまだ午後一時。
 俺たちは少し遅めの昼食を摂ることにした。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く