俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第54話

 翌日の放課後。
 俺は部室で期末テストに向けての勉強をしていた。
 一番苦手である数学の素因数分解をしながら、昨日の出来事を思い出す。
 昨日、あの後は本当に大変だった。
 酔っ払った六花を背中に背負い、周りの人からジロジロ変な目で見られながら、家に帰った。
 家に帰った後は俺が着替えさせるわけにもいかず、ほとんどのことを義理の妹であるユキに任せた。
 ユキは何があったのか終始聞いてきたが、酒を飲んで酔っ払ったとも言えず、適当に頭がおかしくなったとでも説明した。
 それで納得するかなぁとも思ったが、あっさりと納得してしまったので六花が普段どう思われているのか少し分かった気がした。
 まぁ、これが昨日の最後の出来事だったわけだが……。

 「頭が痛い……」

 俺の隣で同じく日本史の勉強をしていた六花がこめかみを押さえながらそう言った。
 たぶんだが二日酔いというやつなのだろう。
 でも昨日飲んだのって、チューハイをコップ一杯だけだったよね?
 酒弱くないスか?

 「もう今日は家に帰ったら?」

 「……そうする」

 六花はゆっくりと席を立つと、長机の上に置かれていた日本史の教科書とノートを雑に鞄の中に放り込んでそのまま部室の出入口へと向かった。
 足取りがフラフラしていて少し不安だったので俺も一緒に帰ることを提案した。

 「いや……一人で大丈夫。しょーくんはこのまま勉強してて」

 「……分かった」

 俺は一瞬本当に大丈夫だろうかと思ったが、六花の言う通りこのまま部室で勉強することにした。

 「じゃあ、あとの三人によろくしね」

 六花はそう言い残して部室を後にした。
 あとの三人とは愛、美月、ユキのことだろう。
 時計を見れば、まだ午後四時。
 それにしてもあいつら三人は遅いなぁ。
 昨日といい、最近集まりが悪い。
 いったい何をしているのだろうか。
 
 「まぁ、サボりたい時もあるか」

 俺はそう思うことにした。
 俺だって毎日のように学校をサボりたいと思っている。
 きっとあいつら三人もそうなんだろう。
 明日は俺がサボろう。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く