話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第49話 文化祭【中編】

 昼を過ぎ、来客者が増える中で俺はたこ焼きを作るのに精一杯だった。
 焼きイカや焼きとうもろこし、クレープにフライドポテトといった屋台が多く立ち並ぶ中でなぜか俺のたこ焼き屋がものすごく繁盛した。
 屋台の前には行列ができ、今日に限ってたこ焼きが食べたくなったと買いに来た人たちが口々に言う。
 
 「俺って……何かの才能に目覚めたかも」

 「そーいう中二病発言はいいから手を動かして!」

 「ほーい」

 六花はたこ焼き屋の異変に誰よりも早く気づき、手伝いに来てくれた……いや、手伝うのは当たり前か。だって、部として出店したたこ焼き屋だし、そもそも俺一人でやるのがおかしかったんだ。知らず知らずに感謝してたが、俺が逆にここまでやってきたことに感謝してほしい。
 と、言いたいところだが、言ったところで逆に仕返しされてしまう。『役目を与えてあげただけでもありがたいと思いなさい。もともとあなたには何もなかったんだから』とか『なら、私たちの代わりに看板娘でもやる?ムリでしょ?www』とか言われたりして、逆らえない……。

 「ちょ、ちょっと……しょーくんは私のことなんだと思ってるの?」

 隣でたこ焼きをひっくり返していた六花が顔を真っ赤にしてそんなことを言った。
 表情を見るに、どうやら俺の心の中を読まれたらしい……――どんだけの読心術だよ!
 とにもかくにも今の様子を見るようじゃ……答えしだいでは地雷だ。
 俺はその地雷に変化させず、かつ正直な言い方を考えた。
 数多い日本語から脳内で厳選して慎重に言葉を選んでいく。
 そして、これだと思った言葉を見つけると、深呼吸して言った。

 「悪女……イッタアアア!」

 慎重に言葉を厳選したわりには、どうやら俺は地雷を踏んでしまったらしい。
 踏まれた右足の甲を涙目で見ながら、俺はこう思った。
 
 ――女子って分からん!それと怖い!

 男子である以上、思ったことはあると思う。
 女子の心は複雑で女子は怒らせると天地を破滅させるのではと思うほどに怖い。
 この世に一番怖いのは学校の先生でもなければ、お化けや幽霊でもない。世界人口の半分を占める女だ!
 俺は改めて身に知った。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く