俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第51話 文化祭の打ち上げ【前編】

 文化祭が終わり、十一月中旬に入った頃。
 外は一段と寒さが増し、紅葉していた葉たちも次々と冷たい地面に落ちていく。
 部室から窓の外を見れば、空は暖かなオレンジ色に染まっているというのに下校する生徒たちは全員マフラーや手袋、コートを着て完全防寒している。

 「今日も寒いね~」

 ふと、隣からそんな声が聞こえてきた。
 俺は横目で見ると、いつの間にか六花が隣に来ており、同じく窓の外を眺めていた。
 
 「そうだなぁ」

 俺は素っ気ない感じに返事をする。
 正直、寒いとかはどうでもいい……いや、俺は寒がりだからよくないけど今はどうでもいい。
 今日の部活は六花と二人きりだ。
 他の部員は用事があるとかでいない。
 あいつら……今日は文化祭の打ち上げをやろうって話し合ってたのに……。なんで来ねぇんだよ!

 「六花……二人だけだが……打ち上げやるか?」

 「うん!やろ!」

 俺は六花がどういう反応をするか分からず、少し言いづらかったが、予想外の反応をしてくれてホッとした。
 もしかしたら、みんなが来ていないことに泣き出すかと思った。
 でも、六花は意外にもいつもよりウキウキワクワクしている様子。
 ……――何かいいことでもあったのかしらん?

 「でもここでやるっていうのもあれじゃない?」

 六花が部室を見渡してそう言った。

 「……たしかに」

 俺もそれに肯定するように首を縦に振る。
 二人だけなのにこんな広い部室で打ち上げをするなんて寂しすぎる。ここはカラオケやファミレスの方がいいだろう。

 「じゃあ、カラオケでも行く?」

 「そうだな」

 六花も同じ考えだったらしいが、カラオケの方を選ぶとは……。俺はドリンクバーとか料理とか呼び鈴一つで頼めるファミレスの方が良かったんだが……。
 まぁ、六花がカラオケに行きたいならそれでいいんだが……カラオケって……個室だよね?そんなに俺と個室で二人きりになりたいの?
 最近の六花の行動には勘違いさせるようなことが多すぎる。この黒歴史満載の俺だから勘違いせずに済んでいるが、他の人であればすぐに勘違い道まっしぐらだ。カラオケに着いたら、そのことを注意しようと決めた俺だった。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く