話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第35話 私の気持ち

 「はぁ……」

 「どうしたの六花ちゃん?」

 放課後。
 美月ちゃんと部室に続く廊下を歩いている時、私は教室でラノベを読んでいるしょーくんのことが気になっていた。
 昨日の夜といい、しょーくんの様子を見れば分かる。
 ――絶対何か隠している。
 うーん。
 他のことを考えようとするが、やっぱり気になって気になって…………もう!

 「ちょっとごめん!私、教室に忘れ物をしたから先に部室に行ってて!」

 私は美月ちゃんにそう言うと、返事も聞かずにダッシュで教室へと戻った。

 「え?ちょっ……六花ちゃん!……」

◆❖◇◇❖◆

 「はぁ……はぁ……」

 教室に戻ると、誰もいなかった。
 私は肩で息をしながら辺りを見渡すと、廊下の奥にしょーくんらしき人物が屋上へと続く階段の方へ曲がって行くのが見えた。
 
 「なんで屋上なの?」

 私は疑問に思いながらも、しょーくんを追いかけて後を追う。
 そして、追いついたと思ったら屋上に続くドアの前にぼーっと立ち尽くしている。
 ――……いったい何してんのよ!
 私は影に隠れながら様子を観察をしている。
 今の状況を誰かに見られたら私はどのように見られるのだろう。
 ――ストーカー……なんて見られたりしないよね?
 
 「って……」

 そんなことを考えているうちに、しょーくんの姿が消えていた。
 屋上に続くドアが開いている。
 ――嫌な予感がする。
 私は何も考えずに一気に階段を駆け上った。

 「な、なななな何してるの?!」

 とっさに声が出てしまった。
 それも無理はないと思う。
 だって………………知らない女の子が、しょーくんに抱きついているんだから!

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く