俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第33話 謎のラブレターの真相

 結局、美月から謎のラブレターに対する感想や意見を聞けないまま、放課後になってしまった。
 俺はいつも通り、部活に励んでいたが、今日の美月は昼休み以降、一度も目を合わせてくれなかった。
 まぁ、それはそうだよな。
 今日の昼休みはある意味でヤバかった。
 次からは、気をつけよう…………って、次なんてあるわけないよな……あはははは。

 「そろそろ時間だから先に帰るわ」

 そんなこんなで考えごとをしているうちに下校時間になっていた。
 俺は六花たちにそう告げ、普段通りに下駄箱に続く廊下を歩き、靴に履きかけようとした時だった。
 一枚のピンク色の封筒が俺の下駄箱から落ちてきた。

 「……ま、まさかな……」

 あの謎のラブレターではないよな……と思いながら、その封筒を拾い上げる。
 嫌な予感がした。
 と、いうより予感ではなくて、完全にそうだ。
 表裏を確認するが……差出人の名前は書かれていない。
 それに……

 「あれと同じ匂い……」

 先日、差出人不明の謎のラブレターと同じ香水の匂いがほのかにした。
 差出人不明。
 ハートのシール。
 同じ香水の匂い。
 もう、完全にそうだ。

 「ま、まさか同じやつから二通目が届くとは……」

 誰も……って、俺と美月しかこのことを知らないが、予想だにしていない事態だ。
 
 「とりあえず……帰ろ」

 封筒の中に入っている手紙が気になるが、もしここで見て、六花たちに見つかってしまったら、ややこしいことになる。
 俺はピンク色の封筒をズボンポケットに強引に押し込むと、そそくさと帰宅した。

◆❖◇◇❖◆

 「はぁ……」

 午後九時。
 俺は自分の部屋にある机の上に一枚の紙を眺めながらため息をついていた。
 その一枚の紙というのは、もちろん今日の放課後に見つけた謎のラブレターIIである。

 「でもなぁ……」

 俺は何度も手紙に書かれている文面を見ながら、あることに悩んでいた。

 ――もう待つだけなんてイヤッ!我慢できない!
 ――明日の放課後、屋上で待ってます。
 ――絶対に来てね♡

 「俺はどうすればいいんだあああああああああああ!」

 思わず、頭を抱えて絶叫してしまった。

 「しょーくん、どうしたの?」

 俺の絶叫を聞きつけた六花がドア越しに現れた。
 ――ヤバい。この状況で部屋に入られたら困る!

 「な、なんでもないよー」

 なんか棒読みになってしまったが、あっそうと言って、俺の部屋の前から立ち去って行った。
 
 「ふぅ……」

 これでひとまず安心だ。
 それで本題に戻るが、俺は正直なところ会いたくない。
 と、いうのも理由がある。
 理由その一。イタズラという可能性もあるため。
 まだイタズラではないという確信がない。ラブレターの差出人は不明だし、文章も全てパソコンを使って印刷したもの。むしろイタズラではないと言える方が無理がある。
 続いて理由その二。相手がもし本当に女の子だとして、俺はなんて答えたらいいのか分からない。この十六年間生きてきた中で、女の子から告白されたことは一度もない。それにモテないため、女の子と喋る機会もほとんどない。こんな女子耐性の付いていない俺が相手の女の子となんて喋ればいいのか……誰でもいいから教えてほしい。
 以上の理由で俺は明日の放課後行きたくないのだ。

 「でも……行かないといけないよなぁ……」

 イタズラ目的の相手ならまだいいが、もし純粋な女の子だった場合、ずっと待ち続けるかもしれない。

 「それだけはダメだよなぁ……」

 女の子を待たせるなんて、男として失格だ。
 ここはもう……腹を括って明日の放課後挑むしかない!

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く