話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第31話 謎のラブレター……

 外も肌寒さが増してきた十一月のある日の放課後。
 俺は帰宅しようと下駄箱の靴を取り出した時だった。
 一枚のピンク色の封筒がひらひらと廊下に落ちた。
 ――なんだ?
 俺はそれを拾い上げ、裏表を確認。
 ハートのシールにほのかに香る甘い香水の匂い――。

 「ら……ら、らぶ、れたぁー?!」

 まさか……ウソだろ。
 この俺がラブレターなんてありえないッ!

◆❖◇◇❖◆

 その日の夜。
 自分の部屋でテスト勉強を終えると、俺は下駄箱にあったラブレターを何度も読み返していた。

 ――ずっとずっとあなたのことを見てました。
 ――あの女より私の方がもっと魅力的だよ?

 「はぁ……」

 先ほどからため息しか出ない。
 ラブレターと思われる手紙は、これだけしか書かれていない。
 封筒や手紙をよく確認したが、差出人の名前は書かれていなかった。
 筆跡もパソコンを使って打ち出されているので分からない。
 要するに分からないだらけの謎のラブレターである。
 ――……いったい……俺に何を求めてるんだ?
 文面を見る限りでは、まるで『私と付き合ってほしい』と言っているようにも思えるが、果たしてそうなのだろうか。
 
 「いやいや、イタズラだよな」

 俺にラブレターを送る女子なんているはずがない……っと、思いながらも「もしかしたら本当に……」と、思ってしまう自分がいる。偽のラブレターを俺に送るのであれば、「しょーたくん大好き!しゅきしゅきちゅきー!♡」の方がイタズラとしては効果的だっただろう。
 でも、仮に本物のラブレターだとしたら、文面に引っかかる箇所がある。
 それは『あの女』だ。
 『あの女』と文面に書かれていたが、それは誰のことを指しているのか、さっぱり分からなかった。
 普通に考えてみると、俺の周りの親しい女子は六花と愛の二人だけだ。
 
 「じゃあ……二人のどっちなんだ?」

 文面には『あの女』、すなわち特定の一人を指している。
 そもそも差出人はなぜ、そこまで特定の一人に対して対抗心を燃やしているのか、それも謎だ。俺とあの二人はただの友人だし、どちらかと付き合っているわけでもない。

 「はぁ……もおおおおぉぉぉぉぉぉ!」

 乱暴に髪を掻きむしった。
 考えれば考えるほど謎が増えてくる。
 ここは一旦忘れて、そろそろ寝た方がいいのかもしれない。
 ――いったい、誰が俺なんかに……。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ながしょー

    いつも読んでくれて、ありがとうございます!これからも楽しみにしていてください!

    0
コメントを書く