話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第28話 さようなら……

 修学旅行という学校行事の中でも一大イベントが過ぎ、数日経った頃のこと。
 今日は朝から天気も良く、土曜日ということもあり、俺はリビングのソファーでゴロゴロしていた。
 一方の六花は、朝から洗濯機をガンガン回し、洗濯物を外に干している。

 「ねぇ、二階から布団持ってきて」

 「えー。布団も干すのー?」

 「干さないとホコリやダニでうじゃうじゃになるよ?」

 「……それは嫌だけど……」

 正直なところ――めんどくさい。
 せっかくの休みだから一歩も動きたくないのだが、俺は渋々布団を取りに自分の部屋がある二階へと向かった。

◆❖◇◇❖◆

 「よっこいしょ……意外と重いな」

 俺は六花に言われた通り、ベッドから布団を剥ぎ取る。
 そして、両手で抱えながら自分の部屋を出たのだが、前が見えなくて階段を降りるのが不安になってきた。

 「……大丈夫かな……」

 一歩一歩ゆっくり足を動かしながら階段を降りていく。
 何とか降りられそうと一瞬油断した時だった。

 「うわっ!」

 俺は足を踏み外し、もの凄い音を立てながら下へと転がり落ちていた。
 視界が何回も上下左右に回り、一段一段スピードを上げながら落ちていく。

 (ゴトンッ!)

 最後は重たくて鈍い音がした。
 どうやら俺は頭を強く打ったらしい。
 
 「今凄い音がしたけど……しょーくん!しょーくん!しっかりして!」

 薄れゆく意識の中、六花が慌てた表情で俺の元へ駆け寄った。
 俺の変わり果てた様子を見た六花は、涙を流しながら必死に名前を呼ぶ。
 でも俺は答えることもできず、だんだんと視界がボヤけてきた。
 ……………………………………それが俺の最後の記憶となった。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く