俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第20話 美少女の悩み

 「もうすぐ修学旅行だね」

 「そーいえば、そうだな……」

 もうすぐ10月の半ば。
 俺たちの学校は何故か修学旅行が1年次と2年次でそれぞれ1回ある。3年次は就職や進学などがあるためない。
 

 「六花、準備はできてるのかー?」

 ちなみに今回の修学旅行の行き先は大阪である。2年生は東京らしいが。

 「うん、できてるよ♪」

 いつも以上にご機嫌がよろしいようで全体のオーラがキラキラして見える。

 「美月、お前はもう準備したか?」

 「いや、僕はまだだよ」

 ちなみに僕らは今、部室にいる。

 「そうか、早く準備しとけよー」

 みんなの修学旅行の準備確認を終え、俺たちは部活を始めた。

 「てかさ、最近部活らしいことしてないか?」

 最近の俺たちと言えば、部室には来るものの、それぞれがゲームをしたり本を読んだりで部活らしいことをしていない……まぁ、もともとが部室らしいことをしてないのだが。

 「そう?私はやってるつもりだけど?」

 ……六花さん。あなたが今「やってる」というのはそのお菓子を食っていることですか?

 「僕もやってるよ」

 ……美月くん。あなたが今「やってる」というのはお肌のパックのことですか?

 「って、誰もやってねぇじゃねぇぇぇかあああ!」

 なんでお菓子をバクバク食ってんだよ!それで何袋目だ?ポテチやらチョコにそれから……とにかく相当食ってるよな?それに口いっぱいにお菓子を詰め込んでどうした?ハムスターかお前は?
 美月もなんでお肌の手入れをやってるんだ?男だよな?……え、違うの?
 その他いろいろとツッコミどころが満載なんだが、これ以上やると俺の精神がもたない!
 
 「もぉーうるさいよ?しょーくん」

 「はぁ……」

 六花は本当にうるさそうな顔をして、しかめっ面で俺を見て、その俺はもう……ため息しかでません!
 以前のように変なことをしなくなったのはいいのだが、今の状態もなんだか居心地が悪い。
 今後この部活はどうなっていくのやら……。

 その日の夜、六花が修学旅行の準備をしているときに足りないものがあったらしく、一緒に近所のコンビニに行くことになった。
 道中、六花は少し落ち込んだような仕草で俺に相談してきた。

 「しょーくん、あのね、相談があるんだけど……いいかな?」

 外は暗く街灯の光も少ないので、六花の表情は分からなかった。
 俺は、その相談を促すと寂しげな声で話してくれた。

 「私、おかしいかな?」

 「え?」
 
 いきなりどうしたのだろうか。六花が何を聞きたいのか意図が分からない。俺はなんと言えばいいのだろう。

 「ねぇ、聞いてる?」

 「う、うん……聞いてる」

 はて……俺からの応えを待ってるのだろうか。それ以上六花は何も喋らず、ただひたすら足を前に動かすのみだ。
 うーん……うーん……とりあえず、おかしいよね?

 「お、おおおかしいと思うよ?」

 俺はこの後ボコられるのではないかと恐怖で口がなかなか開かなかったが、勇気を振り絞った。
 その結果……

 「そうだよね……うん……」

 六花の頬あたりには街灯で輝くしずくが流れていた…って、

 「ええええええええ?!」

 つい、驚きのあまりに絶叫してしまった。
 六花は完全に泣いていた……俺、なんか悪いことでも言った?

 「ふふふ……うっそー♪」

 「……は?」

 慌てふためいていた俺を見て笑っている……というか、先ほどの涙はどこに?

 「嘘泣きに決まってるでしょ!」

 「……は?」

 チョットナニイッテルカワカラナイ。
 嘘泣き?なんのために?
 俺は何も言葉がでなかった。
 ……ただ、唯一でた言葉が……

 「やっぱりというか頭おかしいんじゃねーのか?」

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く