話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第19話 初めてのラノベ【後編】

 「うーん……たくさん種類がありすぎて迷うなぁ」

 家から徒歩10分のところにある書店に到着してから小1時間は経過した。
 普通の人…は、分からないが俺ならもうとっくに選び終えてレジで会計を済ませている。下手をすれば家に帰り着いて購入した本を読んでいるぐらいだ。
 なのに六花ときたら……

 「どんだけ時間かかってんだよ」

 「し、仕方ないでしょ!たくさんあって何が面白いのか分からないんだから……」

 六花はそうぶつぶつ言い、また本棚をジッと眺め始めた。
 ――このままだと1日あっても足りない気がする……ここは一つラノベマスター(自称)である俺が最高の1作品を選び抜いてやるか。

 「六花、どのジャンルが好きなんだ?」

 やっぱりラノベはここからだよね!
 ジャンルによって好き嫌いが別れてくるし、ここでどのジャンルが好きなのかはっきりさせないと好きでもないジャンルの作品を読んだところで面白くない。

 「ジャンルって何?」

 首を傾げてキョトンとした表情。
 ――え……普通に知ってらっしゃいますよね?

 「……マジで聞いてるのか?」

 冗談か、それとも単純に本当に『ジャンル』という言葉を知らないのか…うーん……。
 表情を見る限りでは本当に知らなそうだった。

 「じゃあ、説明するからちゃんと聞いとけよ」

 「うんうん、分かってるよ!」

 分かってないなコイツ。
 いつもなのだが、六花は人の話を聞こうとしない…というか俺の話だけではないだろうか、聞かないのは……と、とにかく俺は『ジャンル』について詳しく説明した。

 「分かったか?ここテストに出すからな!」

 「テストに出すはともかく何となく分かった」

 六花は珍しく俺の説明を最後まで聞いてくれた……しかも「うんうん」と相槌を打ちながら!
 ――世の中奇妙なことがおきるものだなぁ…いや、これは夢か?

 「イテテテテテテ」

 「何してるの?自分の頬をつねって」

 とうとう頭がおかしくなったのかコイツみたいな表情で見るのやめてくれないかなあ?!
 
 「バレちゃった」

 「いやいや、俺の心を読むのもやめてね?!てか、バレちゃったじゃねーよ!」

 あまりの感情の高ぶりについ、叫んでしまった。
 その後瞬時にここが本屋であることを思い出し、周囲を見渡すと……ちょっ……そんな目で見ないで!
 周囲の客から鋭く尖った視線が俺に目掛けて一直線に降り注いだ。
 一方、六花はというと……俺からいつの間にか30mほど離れ、思いっきり他人のフリをしていた…というか、もとから戸籍上他人なんだけどね!

 「あのーすみません。お客様お静かにお願いします」

 「す、すみません……」

 ついでに若い女性の店員さんからも怒られた。
 

 それから10分後。
 俺は気まづくなったので一旦店内から外へ出ていた。

 「おーい見つかったか?」

 そろそろ家に帰りたくなったので、再び店内に入り、六花のところに向かうと、

 「全然」

 まだ本を決めかねていた。
 もう……買わなくてもよくないスか?そんなに探しても気に入る本がなければ。

 「いや、私は本を買うまでは絶対に帰らない!」

 「なんでそこまで……」

 そこまでする意味が分からない。とっとと帰って家でゆっくりした方が俺的にもいいんだけど。
 
 「だって……」

 六花は眺めていた本棚から急に地面へと視線を落とした。
 よく見ると、耳が赤い。

 「だって、しょーくんともっと話したいから!ラノベを読めばもっと話題が増えるでしょ?だから……」

 そして六花はまた本棚に視線を戻した。
 俺は何も言葉がでなかった……というか、少しときめいちゃった。まさか、学校一の美少女にこんなことを言われるなんて思いにもよらなかったからね!

 「何ニヤニヤしてるの……?」

 六花が「キモい死ね」といった顔で俺を見ている。
 どうやら俺は気づかないうちにニヤけていたらしい。
 まぁ、いいよ。今日の俺はどんなこと言われたって上機嫌!どんとこいや!

 「別にぃー♪ブヒヒ」

 「ちょ……近づかないでくれる?」

 「なんでさ……ブヒヒ」

 「き、キモい……」

 そんなときに先ほどの若い女性の店員さんが俺たちの方に近づいてきた。

 「どうしましたか?」

 「こ、このおじさん変なんです!」

 おい!そのフリはやめろ!俺は変なおじさんじゃねぇ!
 それに店員さんの目がヤバいんですけど……その手に握られているスマホで何をしようとしているんですか?

 「今から警備員を呼んできますね。それと警察にも……」

 「ちょっと辞めてくれません?!俺、別に変なおじさんでもなんでもないただの客です!というか、六花の連れです!」

 俺は必死に弁解した。でないと、ドラマでよく見るようなところに連れてかれちゃうからね!
 ……てか、今気づいたんだが「おじさん」と呼ばれるような年いってないぞ。まだ16歳。「お兄さん」にしろ!

 「そうなんですか?」

 俺の必死な弁解を聞き終えた店員さんがもう一度六花に事実かを確認した。
 六花は少し罪悪感もあるのか、歯切れの悪い返事をしたがこれでどうにかドラマでよく見るようなところに連れてかれずに済みそうだ。
 そのあと俺と六花は一緒に店員さんに謝った。
 「何事もなくて良かった」と気をよく許してくれた。
 結局、六花はラノベを買うことなく店を出て、俺は申し訳なさもあり、今読んでいる「変猫」のコミカライズ全巻を購入した。
 正直、俺はラノベを読む以上コミカライズ版は読まないから今回の出費は結構な痛手だった……トホホ

 「今日は楽しかったね!」

 「どこがだよ!」

 帰り道、六花が不意にそんなことを言い出した。
 マジで言ってはないのだろうが、何か話しながら帰りたいのだろう。

 「まぁ、でも今日一緒に出かけることが出来たのは良かったかな」

 「え?」

 六花がキョトンとした表情で振り向いた。
 俺も急に先を歩いていた六花が立ち止まったので足を止めた。

 「べ、別に深い意味はないからな」

 「わ、分かってるわよそんなこと!」

 何か急にラブコメみたいな場面になったのだが……俺の人生にはラブコメみたいなことはありえない。
 でも…少しだけ「そんな感じになったらいいなぁ」と思う自分がどこかにいたのだった。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く