俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第14話 転入生が幼なじみ?

 2学期が始まった今日。
 校長先生の長い話がある始業式や1時間も校内中を掃除する大掃除も終わり、昼休みに入った。
 「なんで昼休みがあるの?」と、思った人もいるかもしれないが、俺が通う学校は面倒くさいことに午後から体育祭の練習をいれている。
 だから、こうして生徒たちは昼休みの間に体育服に着替え、ご飯を食べている。
 俺も体育服に着替え終え、六花特製の手作り弁当をつまんでいると、

 「昨日はありがとね。おかげで助かったよ」

 「ああ、そうか。よかったな」

 今日は珍しく俺の隣で昼ごはんである弁当を食べている六花。
 昨日は本当に大変だったもんなぁ。
 何せ、六花の夏休みの宿題をすべて終わらせるのに半日はかかったぞ。
 なぜ俺が……って思った時もあったわ。
 でも、まぁ……礼を言われると、「やってよかった!」って思うね!

 「そう思ってるなら次の冬休みの宿題もよろしくね♪」

 「いや、やらねぇよ?!」

 本当、人の心を読むのが神かと思うぐらいうまくなったよな……俺限定だけどね。
 とにかく六花には隠し事とかできないから気をつけよう…。

 「何を気を付けるの?」

 「…もう、お前との会話……言葉いらないな」

 「そだね、私たちには愛があるからその他は何もいらないね」

 何言ってんだこいつは…?
 愛?何それ?おいしいの?
 
 「何を言ってるのはしょーくんの方だよ?愛なんて食べれるわけないじゃん。バカなの?」

 「それくらい分かってるわ!」

 クソ……バカにしやがって!

 「それよりさ、隣のクラスに転入生が来たって知ってる?」

 「ああ…今の話流されるような程度だったのね……うん、知ってるけど」

 転入生が来たっということは朝の時点で知っている。
 噂では女の子で、しかも超絶美少女だとか。
 まだ顔は見てないし、名前も知らないから少しは気になっていたところだ。

 「きにゃるなら、ひぃにいけば……ムシャムシャ」

 「食べながらしゃべるな!それに…もう、俺の心を読まないでくれ!」

 俺はそう叫ぶと、席を立って、教室を飛び出していった。

 「いってらっしゃーい」

 教室を出る際、そう六花の声が後ろから聞こえた。


 隣のクラスに向かうこと、徒歩2秒。
 教室の入り口、窓側にはたくさんの人だかりができていた。主に男子だけど。
 
 「そんなに美少女なのか?」

 まるで生まれたばかりのパンダの赤ちゃんでも見るかのように人(主に男子)が教室内のある一か所を凝視しているから、なおさら気になる。
 俺もその転入生の美少女をこの目に焼き付けるために人混みをかき分け、みんなが凝視している一か所を辿っていく。
 そして、そこにいたのは…

 「あ…」

 思わず声が出てしまった。
 何とも言えないこの感じなんだろう…。
 期待外れ?…いや、違う。では、なんだ?
 まぁ、とりあえず先に言っておくが、そこにいた転入生の美少女のことを俺は以前から知っている。
 
 「あれ?しょーちゃん?」

 そのとき転入生の美少女は俺の存在に気づき、ご飯を食べるのをやめ、俺のところに歩み寄ってきた。
 
 「久しぶり!元気にしてた?」

 そう満面の笑みで話してくる転入生の美少女。
 その姿を見た人(主に男子)は卒倒した。

 「元気にしてたけど…なんで愛がこの学校にいるんだよ」

 「えっとね……幼なじみのしょーちゃんに会いたくなったから?」

 上目遣いで照れくさそうに言う俺のたった1人の幼なじみの愛。
 それを見た人(主に男子)は、起き上がった瞬間にまた卒倒した。
 ――もはや、拳を使わずに相手を卒倒。神業である。

 「はいはい。で、なんでいるの?芸能活動がどうとかで東京に行ったよな?」

 俺は軽く受け流すと、愛は頬を膨らませ、不貞腐れていた。
 それはそうと、愛は中学に上がるころに街でスカウトされてそのまま芸能界へ。
 仕事の関係上、東京に引っ越しせざるを得なかった。
 仕事はたしか……ファッションモデル?だったかな。
 女子中高生に人気のファッション雑誌「Eighteen」で活躍していたらしい。…見てないから知らないけど。
 
 「私ね、やめたの…なんだか疲れちゃってさ」

 愛は表情を暗くした。
 テレビとかでもよく聞くが、芸能界って結構闇が深いらしい。
 愛自身にも何かあったのだろう。

 「そうか……おかえり、待ってたよ」

 俺はあえてそう言った。
 本当は「なんで戻ってきたんだよ」とか冗談で言いたいところだが、この状態だと冗談を言えない。
 
 「うん、ただいま♪」

 愛自身も俺の気遣いに気づいたか分からないが、そう明るく答えてくれた。
 
 「で、いい雰囲気のところ悪いけど…2人って知り合いなの?」

 いきなり誰なんだよ……って、美月かよ。
 昼休みの時間いないなぁとは思っていたが、お前もこの人たち(主に男子)の中にいたのか。

 「知り合いっていうか…幼なじみだよ」

 「へぇー。幼なじみねー。ラブコメの王道的なポジションじゃん」

 そう言い、美月の後ろから現れた六花。
 なんだよ、その言い方は!
 それになぜライバル心を燃やしてるんだ?

 「も、燃やしてなんかないもん!……で、2人は付き合ってるの?」

 「そんなわけない!」

 俺は断言してやった。
 いくら幼なじみであろうと、ラブコメみたいな展開にはならない。
 実際に俺と愛はそうだ。

 「そ、そそそそうよ!」

 ふははははは。
 なぜ、愛よ。そこまで動揺してるのかね?しかも顔がりんご飴みたいになってるぞ。

 「……フラグ立ってるね」

 「六花ちゃん、フラグ立ってますね」

 「立ってねぇよ!てか、なんのフラグか説明しろ!」

 ……たく、俺と愛のどこを見てフラグが立っているように見えるのか分からない。
 
 「鈍感ですね」

 「そうだね、六花ちゃん」

 いつの間にか結託している六花と美月。
 ――もう、やめろ!コソコソ言い合うのはやめろ!

 「……つ、付き合ってるように見えてたのかな?……うふふふ」

 そして、なぜか嬉しそうに先ほどからごにょごにょと独り言を言っている愛。

 「なんなんだよ……」

 こうして、新たな……というか幼なじみである愛との友人関係が始まった。
 一方、愛の魅力で卒倒していた人(主に男子)は、いつの間にか起き上がり、俺に対して射殺すかのような視線を送りつけていた。
 ――たぶん、殺人予告とか届きそう……身の安全が心配になってきたよ!

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く