俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第12話 六花とラブコメ

 夏休みももう終わりを向かえるころのことだ。
 俺は普段と変わりなく家でゴロゴロしていた。
 室内はエアコンの温度を25度に設定しているため、とても涼しい。
 
 「何もする事ないし、撮り溜めていたアニメでも消化するか」

 夏休みの宿題も最初の1週間で全て終わらせてある。
 合宿や部活でなかなか観ることができず、貯まっていたアニメを消化している時に、ふと思った。
 俺が今観ているのはラノベ原作のラブコメなのだが、ラブコメっといえば、俺と六花って…ラブコメ的状況だよな!シチュエーション的にもそうだし、だいたいラブコメって、最終的には主人公とヒロインって結ばれるよね!……ということは、俺と六花もいずれは恋人同士になっちゃうのかな?
 そんな展開に期待を寄せていたとき、六花が俺の部屋に入ってきた。

 「しょーくん、今日の昼何が食べたい?」

 「なんでもいいよ…てか、勝手に入ってくるなよ!」

 「ごめんごめん笑」

 ったく、俺がもしあんなことやこんなことしてたらどうすんだよ…。
 いや待て。
 自分で思ってるのもなんだが、あんなことやこんなことってなんだよ!べ、別にやらしいことじゃないからね!
 そう思っているときに六花がしゃがんでベッドの下をのぞき込んだ。

 「な、何してるの?」

 「ん?えっちな本とかないかなーっと思ってね」

 え?俺の心の中よまれてる?
 俺はなにがなんだかわからなくなってワケを尋ねると…

 「なんとなく。男の子ってそーいう本一冊ぐらいは持ってるんじゃないかなー?って思って」

 「じゃあ…もし、その本が見つかったらどうするの?」

 「内容しだいで処分する」

 え?「処分する」じゃなくて「内容しだい」?どういうような内容だったらクリアなのか説明をお願いしたい!だが、お願いしたところで言うはずないよねー。

 「ベッドの下ないじゃん!」

 「あるわけないでしょ!早く出てってよ!」

 なぜ、ベッドの下にあると思ったのか。理由はまあ分かるけどね!
 俺の秘蔵お宝はそんな中学生が隠すような場所にはないんだよ!わっはははは。

 「……(じーっ)」

 「まだ居たの?!てか、なんで真顔でずっと俺を見ているの?!」

 俺の考えていること全部バレてるの?!そうなるとなんで分かっちゃうの?!…さては秘められた力に目覚めたのかしらん。中二病か!
 とりあえず六花が部屋から出ていったあと、続きのアニメを見ようとしたら…

 「一時停止ボタン押すの忘れてた!」

 また最初から先ほどまで見ていたところまで早送りするという手間がかかってしまった。
 そして…今の俺たちの関係を見ても、ラブコメ的な展開にはならないっということを思った。

 アニメを見終わったころ、ちょうど昼の12時を過ぎたころだった。
 自分の部屋を出て、リビングに向かうと、テーブルには調理されたものが皿にきれいに盛りつけされて並べられていた。

 「今日の昼ごはんはオムライスとスープか!おいしそうだな!」

 「おいしいのは当たり前です!早く手を洗ってきて!」

 「はーい」

 俺は洗面所まで行って手を洗ってくると、六花がもう座って待っていた。俺も席につき、そして…

 「「いただきます!」」

 真っ先にオムライスにスプーンを向け、口に運んだ。

 「うっめぇええええ!!!」

 「だから、おいしいのは当たり前です!」

 俺の反応を見て、六花は少しプンスカしていたが、なんだか嬉しそうだった。
 そりゃー、プンスカするのも分かる。六花の作るごはんはいつもおいしい。だから、おいしそうって言ったら失礼に値する。
 その後、俺は夢中でオムライスとスープを食べ、5分後には食べ終わってしまった。

 「おいしかったー。ごちそうさま!」

 「食べ終わったら、歯磨きをちゃんとするんだよー」

 六花はそう言うと、また食事に戻った。
 なんか……六花、俺の奥さんみたい。将来、絶対いい奥さんになれるよ!この子!
 そう思っていると六花がなぜかむせた。そして顔が真っ赤になっている。もしかして、どこか具合でも悪いのか?

 「ど、どうしたの?!顔が赤いけど、どこか具合でも悪いの?」

 「……何が……俺の……奥さんみたいなのよ!」

 「……へ?」

 「もう、はっきり言うけど…心の声が漏れてるわよ!」

 「……えええええええええええ!!!」

 嘘だろ?!
 ということは俺が思っていたこと全て口に出てたってことなのか?だけど…口を動かした覚えがないぞ?ん?無意識に動いたのか?!
 俺は少しパニックになりながら…

 「お、俺が言っていたことは…ぜ、ぜぜぜ全部忘れて!」

 六花の返事も聞かずに自分の部屋に逃げ込んだ。
 俺の思っていること読まれるなーって思っていたけど…まさか自分の口から出ていたとわ……ある意味自爆じゃねーか!
 六花…俺が思ったこと聞いて…どう思ったんだろ?きもいとか思ってんのかな?……やばい……もうおしまいだ…
 これを機に無意識に口から出ないよう、意識することを心に強く誓った。

 この日の夜。
 俺は昼のこと以来、自分の部屋から一歩も出ず、ただひたすらアニメを見ながら現実逃避をしていた。
 夕食が出来たよっという六花の声がしたため、恐る恐るリビングに向かった。道中、きもいって思ってんのかな?俺のこと嫌いになったかな?などと考えていたが、リビングにつくと、六花は普段と同じように手を洗ってくることを促してきた。
 そして、手を洗い、六花が待っているテーブルの席につくと、今日の夜ご飯はハンバーグかと思い……

 「「いただきます」」

 六花はいつも通りの音量で俺はいつも以下の音量で言った。
 無言でハンバーグを食べていると、六花が優しい声をかけてきた。

 「ねえ…しょーくん。さっきのことは気にしなくてもいいんだよ?別にきもいとか思ってないし、嫌いにもなってないから」

 「……本当に…?」

 「もちろん!」

 「……良かったぁ!嫌われたかと思いすごく落ち込んでた!」

 すると、六花は顔を少し赤くして……

 「べ、別に嫌いにはならないわよ…」

 その後、六花はものすごい早さで夕飯を食べ終わると、歯磨きをしに、洗面所に向かった。

 「……そっか」

 俺はなぜか安心した。たぶん、嫌われていないことに安心しているんだろう。俺も残りの夕飯を全て食べ終わると、歯磨きをしに六花のいる洗面所に向かった。
 ラブコメ的な展開は、アニメだけであり、現実ではありえないと心の底から思っていたが、少しはありえるのだろうかと思った。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く