話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第10話 ハーレム?悪夢にうなされる!

 ホテルに帰ってくるなり、俺はすぐさまに部屋へと向かった。
 なぜそこまで急ぐかって?
 そりゃあ……

 「おい、美月いるか!?」

 「い、いるけど、どうしたの?いきなりドアを思いっきり開けて」

 キョトンとした表情で俺を見つめている。
 この状態だと何もなかったようだな。
 とりあえずひと安心。

 「いや、なんでもない。それよりなんで今日花火大会来なかったんだ?」

 「え、花火大会あったの?!」

 美月は驚いた表情と共に項垂れた。
 そんなに花火大会が好きなんだなコイツ。
 この反応を見る限りでは、知らなかったんだろう。
 ――教えてやれよ、六花!

 「てか、ここから見えなかったか?それに花火の音で気づくだろ?」

 あんなにでっかい花火と爆発音だったら普通は気づくと思うが。
 一応、部屋の窓から外を覗くと……見事なオーシャンビュー!
 これでは見えないのも納得。
 だって、花火が上がってたのは反対側だったもん!

 「なるほど……でも、音は聞こえなかったか?」

 「音楽聞きながら本読んでた」

 美月のベッドには、たしかに携帯音楽プレイヤーとラノベが置いてあった。
 ――聞こえるはずないか。
 てか、よく音楽聞きながら本読めるな!
 ちゃんと物語の内容が頭に入ってくるのだろうか?

 「いや、まったく入ってこない」

 「なんで分かったの?!」

 最近、六花から結構な高確率で心を読まれるんだよなぁ。
 「なんでだろ?」と思って、六花に聞いたら、

 「女の勘ってやつだよ!うっしししし」

 最後の笑い方がキモかったという事だけが、とてもとても強く印象に残りました。
 じゃなくて、女の勘で人の心を読めるのだろうか?
 女の子って本当に分からない生き物だ。

 「……え」

 「ど、どうしたの?何かを発見したみたいな顔をして」

 俺はある事に気づいた。それは……

 「お前男の子だよな?!」

 美月が俺の心を読めるのは女の勘があるからでは?
 そうなると、美月って一体性別はどっちなんだ?
 ただでさえ、中性的な顔で美少女って言われれば信じてしまうぐらいだ。

 「い、痛いよ…離して、ね?」

 「あ、ああ……すまん」

 気がつけば、美月の華奢な肩を思いっきり両方を掴んで揺さぶっていた。
 体つきまで女の子みたいだから……もう。

 「と、とととにかく僕は男の子だから!」

 「お、おう……」

 美月は掛け布団を頭まで被り、眠ってしまった。
 それにしても、なぜ顔が真っ赤になっていたのか分からない。
 涙目になってたのはたぶん……俺のせいだ。

 「とりあえず俺もシャワー浴びてから寝るとするか」

 ズボンポケットからスマホを取り出し、画面を覗くと夜の11時を目前にしていた。
 六花もそろそろ寝ている頃だろう。
 明日が合宿最終日だ。
 それまでにちゃんと睡眠をとらないとね!

 そして、それから数時間後。
 俺は気持ちよく美月の隣のベッドで寝ていた。
 疲れが溜まっていたのか、布団に入るなり、すぐ熟睡。
 そんな中で俺は夢をみていた。
 それは、美月が本当は女の子だったという事だ。
 今まではなんの事情か知らないが、何かのキッカケで女の子という事が学校中にバレた。
 その後は女の子として学校生活を送っていくのだが、ここからが自分でもヤバいと思った。
 六花と美月が俺を巡って争うという事だ。
 ――なんか、ハーレム的なことになってるが。
 その続きは記憶にないが、とにかくそんな夢をみていた俺は、眠っている間ずっとうなされていた。
 

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 音街 麟

    こ、これは....!予知夢なのか⁉︎

    2
コメントを書く