俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第4話 ついに創部「求人部」

六花の創部発言から翌日の放課後。
六花の指示で俺と美月は教室に居残りしていた。
このままぼぉーとしているのも時間の無駄なので今日出された数学の宿題をする。


「それにしてもなんでまた残されてるんだろうね」


俺の机に向かい合わせで座っている美月が宿題をしながらそう呟いた。
それはもちろん部活が関係していると思うが、昨日思いついた部活が今日正式に部として採用されることはない。
なら、なんだろう?


「俺にも分からん」


それから俺と美月は2人だけしかいない教室で黙々と宿題に取り組んでいた。


「はぁー……終わったー」


「僕も終わったよ」

黒板の上に掛けられている時計を見ると、午後5時を回ろうとしていた。
単純計算で宿題に取り掛かったのが午後4時くらいだから、1時間は経ったことになる。

「それにしても六花ちゃん遅いね」


「そうだな」


もしかして帰ったのか?
でも六花の机を見ると鞄がまだある。
なら途中で体調を崩して保健室にでも行ったか?
だとしたら少なからず保健室の先生が六花の荷物を取りに教室に来るはずだ。
じゃあ一体どうしたんだ?


「一応六花を探しに行くか?」


「そうだね」


俺と美月は教室を出ると、まず保健室に向かった。

「いなさそうだね」


そもそも今日は保健室の先生が出張かなんかで不在だった。
だから必然的に保健室はもちろん鍵が掛けられて、中に入ることはできない。

「次、職員室にでも行ってみるか」


「うん」


再び俺達は職員室へ足を動かし始めた。
向かう最中別クラスの教室などを見たが、いる気配は全くない。
ったく……居残りさせておいてどこに行きやがったんだアイツ……。


職員室に着くと、中から知っている声が聞こえた。


「この声って六花ちゃんだよね?」


「だな……間違いない」


俺と美月は他の先生や六花にバレないよう職員室の入り口付近で耳を立てた。
一体なんの話をしているのだろうか?
中の様子はドアが閉まっており、分からない。
下手に開けてバレたら先生にこっぴどく怒られるから、こうして耳を立てて声を聞くしかないのだ。

「この声って国語科の立森先生だよね?」


俺も六花が話している相手の声をよく聞くと間違いない。学校で関わりたくないランキングで1位の立森先生だ。
この先生は何かと嫌味を生徒達に言ったりと生徒だけでなく先生方からも嫌われている。
そんな最悪な先生と1時間も話すことってなんだろう。
そう言えば立森先生って生徒会の顧問もしてたっけ?


「なんでダメなんですか!」


その時六花の怒鳴り声がドア越しに聞こえた。
息を殺し、音を立てず、そのまま聞いていると、


「だからさっきから言ってるだろうがァ!こんな名前の部活認めるわけねェだろうがァ!!」


………その事にだけは嫌だけど先生の言う通りだ。
「自演乙」なんてあの有名な「俺修羅」のパクりをしちゃいけないと思う!
まぁ、立森先生が怒ってるのはそこじゃないと思うけど……


「じゃあどーいう名前ならいいんですか!?」


相変わらずだが、六花のやつ勇者かよ。
先生に向かって怒鳴り声をあげるとか尊敬しちゃいます!
それは美月も同じだったらしく……


「なんでお前拝んでんの?!」


「だって六花ちゃんすごくない?もう僕にとっては神様だよ!」


何を言ってるのか分からないが、美月の中に信仰する神様ができたようだ。

「とりあえず教室戻るか?」


このままだと当分は争いが終わりそうにないので教室に戻ることを提案した。
それを聞いて、美月も「そうだね」と頷き、音を立てないよう、そっと職員室をあとにした。


それから1時間後。
もう外も7月とはいえ、暗くなってきたころ、六花がやつれた顔で戻って来た。


「お、おい!大丈夫かよ……」


俺と美月は座っていた椅子から勢いよく立ち上がり、六花の元に駆け寄った。


「しょーくん……部活決まったよ…」


六花は手に持っている紙を俺の前に差し出した。
よく見ると創部するに至って必要な書類だった。


「お前……頑張ったな」


「六花さま凄すぎます!」


美月の言動がもはやヤバいことになっているのはスルーしてとりあえず、六花から話を聞いた。


「部活名は何になったんだ?」


「求人部」


「は?」


なんだその部活名は?
聞いたこともないぞ?
一体何をする部活なのだろうか。


「求人部っていうのは人を求める部活よ」


「それで何をするんだ?」


「私この高校生活で彼氏が欲しいの」


それは俺をバカにしているのか?
六花ならもう彼氏なんて軽く100人できそうと思うのだが。


「しょーくんだって彼女欲しくない?」


「お、俺は別に……」


いらないと言えば嘘になるが、欲しいとも思っていないことは事実。
そんなのは成り行きに任せておけば?って自分の中で割り切っている。
積極的に作りにいくなど恋愛バカがやることだ。
俺はそんなバカにはなりたくない。
周りの連中を見れば、つい最近彼女ができたとか自慢していたやつも1ヶ月経ったころにはフラれてフリー。
どーせフラれるくらいなら作らない方がマシだとか一時期は考えた程だ。


「ぼ、僕は欲しいな……彼氏……」


「ん?美月最後なんて言った?」


「い、いや別に!」


美月はしまったというような表情をして慌てて何もなかったように振舞った。
俺には最後「彼氏」って聞こえたような気がしたが、気のせいだっただろうか。
一方六花は聞いていなかったようで「なんて?」って美月に聞いている。

「もうそろそろ時間だな」


黒板の上にある時計を見ると午後7時。
早く帰らないと見回りの先生に怒られちゃう!
あとの創部に関する話やらは明日にすることにして、今日はそれぞれ家に帰った。
帰路の途中、六花が嬉しそうに微笑んで、


「部活楽しみだね♪」


と、スキップしていた。
俺からしてみればせっかくの放課後の自由時間が潰されるわけだから楽しみでもないのだが……

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー334609

    やりますねぇ

    1
コメントを書く