俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件

ながしょー

第1話 六花の好きな人?

俺、小鳥遊翔太はこれまでの日々を平和に生きてきた。
だが、今は違う。
俺の家には学校イチの美少女こと夏川六花が住んでいる。
今日もクラスの奴らから注目され、睨まれるのだろうなと自分の部屋で憂鬱になっていた朝のこと。


「しょーくん、朝ご飯できたよー!早く来てー」


「うん、わかった。先に食べてていいよ」


六花が来てからは家事を分担しており、六花がご飯と洗濯で俺が掃除だ。
俺はリビングに向かい、朝食を食べ終わったあと、速やかに身支度をし、六花と一緒に学校へ向かった。
登校中、ふと六花が立ち止まり、俺は何事かと六花の方を見た。


「急に立ち止まってどうしたんだ?」


六花は少し顔を紅潮させ、上目遣いで俺をみつめている。
そういえば最近こんな事が多い。
一緒に登校する時はもちろん、下校や一緒にテレビを見ている時とか何か聞きたそうな顔をして。


「何か聞きたいことでもあるの?」


俺は遂に六花にそう訊ねてしまった。
なんかずっとこのままじゃ、俺の事が……って勘違いしそうで怖い。
新たな暗黒帳に刻まれちゃう!
そう脳内で考えているのをよそに、六花は小さく口を開いた。


「……しょ、しょーくんはさ……す、す好きな人とかいるの…?」


「……え?!急にどうしたの?!」


「い、いや……ちょっと気になっちゃったから…」


六花は俯いたまま、手をモジモジさせていた。
こ、これはもしやあるのか……?
でも俺は今、特に好きな人とかいなかったため、そのことを伝えると、


「ほ、本当に?!」


となぜか嬉しそうに俯いていた顔を上げた。
なんだったんだろ?やっぱり俺の事が……いやいや絶対ない!
俺の暗黒帳に刻まれた過去を振り返ると、似たようなことがあった。
中学の頃、名前は忘れたが、ほぼ毎日一緒に帰る女の子がいた。
と、いっても、顔を合わせれば、途中まで一緒に帰るという、友人でも何でもない知り合い関係なんだが。
ある日の事。
たまたま下校中にその子と出会い一緒に帰る事になった。帰路の途中、話の流れでその子は俺の好きな人を聞いてきた。その時、今の六花と同じような反応をしたから、もしかして俺の事が……と思い、次の日の放課後、誰もいない教室に呼び出した。
そして、勇気を振り絞り、告白!
答えは即答で「ムリ!」と言われ、次いでに「勘違いとか……キモい!」とまで言われました。
以上の経験上絶対にない!
一応、俺も六花に好きな人がいるのか聞いてみた。


「六花には好きな人いないのか?」


「ひぇっ?!」


瞬間、六花は肩をビクリと震わし、また、俯いてしまった。
そして、耳まで真っ赤になった六花はギリギリ聞こえる声で言った。


「……い、いいるよ……」


「へぇー、その好きな人は誰なの?」


ますます耳が赤くなったように見えた。
そして、顔を上げ...


「ないしょ!!!」


めっちゃ顔が赤かった。俺は一瞬熱でもあるんじゃないか?と思い、


「そのまえに顔が真っ赤かだけど、熱でもあるんじゃ……」


俺は六花の額に手を当てた。すると……


「しょーくんのバカー!!!」


なぜか怒られた。
そして、六花は逃げるように走っていった。


「俺、なんか悪いことでもしたかな?」


考えてはみたが、どうにも思い当たる節が見つからなかった。
それにしても六花の体温を確認した時、熱はないように思えた。
つまり、あの反応から見て……いや、早まるな翔太!また同じ事を繰り返すのか?


「って、そんなこと考えてる場合じゃない!」


スマホの画面右上にある時刻を確認したら、やばい!遅刻する!
俺は急いで学校に向かった。


学校に着き、教室に入ると、六花はすでに自分の席についていた。
六花の席は列の最後尾で外側である。ちなみに俺の席はというと、六花と同じ列の最前席である。
俺は荷物を自分の席に置くと、六花のところに向かった。
そして、申し訳ない気持ちで、

「さっきはなんかごめんな…」


六花は少し驚いた顔をして、


「え?!…ううん…しょーくんは全然悪くないよ…むしろ、私が悪いの……さっきはごめんなさい…」


そう言い、俯いてしまった。
なんか最近、六花の言動がおかしい。
家では俺をみつめてくるし、かと言って俺が目線を合わせた途端に慌てたように目を逸らすし、手が触れただけで絶叫するし……やっぱり俺の事が……。
そのことを聞こうとしたが……て、勇者かよ!「俺の事が好きなのか?」て、自ら聞くやついないだろ。それに、もし全然好きじゃなかったらどうすんだよ!俺の暗黒帳にまた刻まれちゃうよ?
と、いろいろ脳内で自問自答している間にHRの予鈴が鳴った。


放課後、俺たちは普段通りに下校した。
俺の歩調に合わせてテクテク歩く姿が可愛い。まるで、お母さんについてくる仔犬のようだ。
そう思っていた時に、


「しょーくん、このまま買い物に行ってもいい?夕飯用の食材がないから」


俺はもちろんOKして、荷物持ちとして一緒に近所のスーパーに向かった。
素早く買い物を済ませ、自宅に帰える途中、六花が、


「今日は本当にごめんね…」


と自分を責め立てるように謝罪。
別に気にしてないし、いいんだけどなぁ。
それより勘違いさせるような言動の事について謝って欲しいよ!
でもそんな事を今の六花に言ったら、さらに状況が悪化しそうだったので、勘違いさせるような言動は置いといて、今朝の事について思っている事を話した。


「別にさ、謝られるようなことしてないから、そんなに気にすることないんじゃないかな?」


「しょーくんを置いていったこと怒ってない...?」


「ぜんぜん!」


それより勘違いさせるような言動については責任を取って欲しいよね!
そんな俺の心中をよそに、六花はすぐに元気を取り戻し、


「そ、そっかー!しょーくんは優しいね!」


六花は微笑んだ。
別にこれくらいのことで怒るやつなんていないだろ!これで優しいって言われたら、全世界の人々全員優しいことになるよ!
そうしているうちに我が家に着いた。
ああー。
今日は疲れたー。てか、毎日疲れたー。

「俺の高校生活がラブコメ的な状況になっている件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • seabolt

    立花たんのサインかわいい

    1
コメントを書く