狂った世界の歯車が直る時

HECATE

門前での騒動

レイはアルブの森を出て街に向かっていた。
ライトが言うには森から街まで馬車で5日らしい、だがレイは馬車なんて持ってないので歩くしかないのだが途中でモンスターが出るのでモンスターが鬱陶しくて走ることにしたレイ、走ったら2日で着いちゃいました。

実はレイ封印95%でも馬車の2倍以上の速度が出ていたそれを知らないレイは

「あれ?馬車でも5日かかるってライトが言ってなかったけ?」

と呟きながら街に入る為の列に並んでいた。

一時間位時間が過ぎた頃にレイの番がきた、だがレイは7歳の少女だ。騎士が

「お嬢ちゃん、お父さんかお母さんはどこだい?」

と聞いてきた。レイは

「…私は一人よ」

と答えたら騎士が

「嘘はダメだよお嬢ちゃん。子供を一人だけで街に行かせる親はいないよ。お父さんかお母さんとケンカでもしたのかな?多分すぐ来ると思うからここで待とっか」

と言ってきたのだがレイは一人だったし早く街に入りたかったので

「私は一人だっていってるでしょ。早く街に入りたいから早くして」

と兵士にむかって言いった。すると騎士は

「この…小娘が騎士にむかって反論するとは何事だ!」

と怒鳴り散らし剣を抜いて斬りかかってきた。レイは切りかかってきた騎士の剣を避けて

「人にいきなり斬りかかって来るなんて貴方本当に騎士?」

と無意識に挑発していた。

「このガキ~!お前らこいつを取り囲め!」

騎士が周りの騎士に命令すると周りの数十名の騎士がレイを取り囲んだ。ただの騎士だと思っていたが隊長格だったようだ。

「あのガキを取り押さえて牢にぶちこめ!」

その号令と共にレイを取り囲んでいた数十名の騎士が剣を構えて突っ込んできた。

「狂った世界の歯車が直る時」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く