俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

34話 やっとステータス~(修正完)

「どういうことかねソフィアさん?」

「だ~か~ら~私の役目は、終わったので家でゲームするのですよ。あ、勘違いしないで下さいよ奇跡の女神の仕事は、ちゃんとやりますので。」

早く帰りたそうな顔をして言ってきた。

「なるほど~つまりあなたは、俺を異世界に行かせて魔王やら邪神やら倒しに行っている間吞気に家でゲームするつもりだったということですね。あははははは」

ビシッ!

透琉は、今出せる最大威力のデコピンをした。そう、デコピンをした。
ソフィアは、おでこを押さえてうずくまった。

「ひどい!ひどいですよ!私は女神なんですよ! め が み!」

「で?」

「へ?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
チェケラッチョハゲラッチョ~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「まぁそんなこと今はどうでもいい。」

「どうでもよくあr「それよりもステータスは?」

「はぁわかりましたよ~だ」

ソフィアは、疲れたようにしてステータスを見せた。


迅水 透琉 【人族】
レベル1
HP100
MP100
攻撃100
防御100
魔攻100
魔防100
俊敏性100
【エクストラスキル】
奇跡

【魔法】
探知魔法
召喚魔法

んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん

ん?

————————————————————————————————————————————
次回ステータス説明
スキルをエクストラスキルにしました。

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー314302

    話しの展開が早すぎて理解が追い付かない

    1
  • ましゃや

    え、、今だに話についていけてない、今までの透琉くんの話はどこへいった、、おれはそっちの方がめっちゃ面白くて好きだったのに、、なんでこんなにつまんなくなったんだろう

    5
コメントを書く