俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

29話 魔の森とステータス中編

《ピクシーまずは、∞×2のことから。》

『はい、透琉様も知っているように∞はどれだけ増えても∞です。』

《なら、何故∞×2なんだ?》

『透琉様の概念と言うエクストラスキルの効果です。そのうち、レベルが上がれば概念の効果も分かりますよ。』

《え?教えてくれないの?》

『まだ秘密です。』

《つまり、レベルを上げろと…》

『そうなりますね。』

(ステータスでERRORになってい所はピクシーも教えてくれないのかな?)'


《あと、称号のこと。》

『称号は、文字通りです。』

《つまり…俺は人間なのに神から敬意を受けてるのか?》

『そうですよ?』

《当然です。みたいなこと言ってるけど俺からすれば全然当然じゃないよ!?》

『他に聞きたいことはありますか?』

《え?そこスルーする?泣いちゃうよ?》

『透琉様はこれくらいで泣きません。』

『あ、はい。』

(そう言えば俺、どうしてこんなステータスになったとかピクシーの事とか知らないな…レベル上がったら聞いてみよう…)

「ステータスの事は、これぐらいにして魔物と戦うか!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
書く時間が〜あ〜やばば〜

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー254283

    露骨な話数稼ぎ…

    2
  • あやね

    主人公が女の子?からの精神攻撃苦手みたい…-w-w-w-w

    2
  • エルス・ギルバート

    なんかこうさ...ギルドとかで
    「...ねえ君、もしかして神よりも強いよね?」
    「なぜその事を!」
    「僕はちょっと不思議な目を持っていてね...」
    みたいな展開がほしぃー

    3
  • ノベルバユーザー280354

    そろそろステータス打ち消す
    魔王が欲しいです!

    3
  • ルイ

    ウサギの獣人をハーレムにいれてくれ〰

    3
コメントを書く