俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

27話 勇者という事

俺は、朝早くに起きて日課の1人訓練をしていた。剣の素振りをしている途中後ろから誰かが来ている気配がして、後ろを見てみるとそこには、ジークさんがいた。

「ジークさん朝早くから散歩ですか?」

ジークは、真剣な表情で歩いてきた。

「トオル君に話すことがある。」

「なんですか?」

俺は、ここでこの話が俺と仲間にとって大事な話だと気づく…

「ミレアとの結婚の事だが無しにしてもらえるか?」

「なっ、理由を聞かせてもらってもいいですか?」

ジークは、頷きさらに俺の近くへ来た。

「実は、【第2王国で召喚された勇者と結婚しないか?】と言う縁談が届いてだな…今日、ミレアにも言うのだが…この国の女王は、貴族や王族よりも勇者との結婚が優先されるのだ…」

ジークは、俺に頭を下げて頼んできた。

「じ…実はですね、ジークさんに話しておきたいことがあるんですよ。」

「やはり納得いかないのか…?」

「別にその事ではないです。俺と由美と澄蓮のことです。」 

ジークは、なんの事かさっぱりと言う顔になっていた。

「実を言うと俺達…【勇者】なんです。」

自分の調整済みのステータスを見せた。

「な…な…なんじゃとぉぉぉぉ!!!!」

ジークは、俺のステータスを2度見3度見していた。

「トオル何故このことを黙っていた。」

「え、聞かれなかったから」

ジークは、呆れた顔をしていた。

「トオル、さっきまで話していたことは無しじゃ絶対にミレアに言う出ないぞ…私が嫌われてしまう!」

「たしかにこれを聞いていたら嫌われるかもな。」

少し笑いながら言った。

「笑うでない!…さて、縁談拒否の手紙でも書くとするか…」

ジークは、そのまま自室に戻って行くのであった。

「俺も戻るとするか。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あと一週間経つとテスト週間で〜す。
テスト週間中はあまり投稿できません!
それでは、28話で

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー295182

    この話は笑った。短いけど

    3
  • 豆大福16724

    26話27話を読んで、勇輝の当て馬具合にちょっと不憫になった(笑)(笑)

    7
  • ノベルバユーザー261754

    頑張ってください!!

    4
  • 桜花

    面白かったです!更新頑張って下さい

    4
コメントを書く