俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

18話 何故だ

「何故だ!どういうことだ!」

「は、はいぃぃ…私たちにもその原因が分からないのです。」

「なんだと監視は、ついていたんだろう?」

「はい。ですがいつの間にかいなくなっていたのです。」

「なにか手がかりは、ないのか?」

「実は、迅水透琉の部屋にこのような手紙が…」

実は、この手紙王様を煽るためにこっそり書いたものである。

王様は、封筒を開け中に入っている紙を見た。

【第2王国ヘルムのゼルドラ国王へ】
これを見ているということは、俺達3人は、もうこの国から出ている頃だろうな。
俺は、もしかしたら追放されて殺されると思ってさきに、この腐った国から出さしてもらった。ん?どうした?本当に俺を追放して殺そうとしたのなら、あんたらの知能は、スライム以下だな。以下省略

「なんだと…ガキの分際でこの私を侮辱するというのか!」

ゼルドラは、手紙を破り燃やした。

「あのガキは、絶対に殺す!」

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アース

    コメ欄で掛けしてたのに暗殺そのものがおきてないやんwww

    1
  • エルス・ギルバート

    殺せたらいいですね(満面に笑み)(煽り)(諦め)

    6
  • べりあすた

    ねぇねぇ、今どんな気持ち?って感じで煽りそう

    7
  • ノベルバユーザー267627

    この手紙の内容おもしろい!更新が楽しみです

    14
コメントを書く