俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

14話 その夜Part3

「国王様!今回のダンジョン攻略でのことでお話が…」

「なんだ申してみよ」

「は!実は、今回のダンジョン攻略で迅水透琉と柳谷勇輝がバトルをしまして…」

「ほう、あの二人がか、もちろん勝ったのは、勇輝だろ?」

「それが、、迅水透琉が勝ったそうです。」

「なんだと…それは、まぐれなのでは?」

「いいえ、審判をしていた。兵士が確認しました。柳谷勇輝は、迅水透琉に一太刀も剣を入れなかったと。」

「なるほど、勇者のリーダー柳谷勇輝より強いというのか…厄介だな。」

「早いうちに処理しておいた方がいいと。」

「そうだな、この国で殺すのは他の勇者にバレるとまずい。」

「この国から追放というのは、どうでしょう?」

「追放だと!あのものが第1王国に渡ればどうなるか分かっているのか!」

「はい、ですからこの国を出て行ってから暗殺部隊を行かせ殺すのです。」

「なるほどよいではないか。」

「それでは、明日実行します」

「失敗は許されない分かっているな?」

「「「「「「「は!」」」」」」」


「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アース

    成功にかける人がいないwww

    2
  • ノベルバユーザー295182

    賭けにすらなってないw

    2
  • 蘆屋紫黒

    失敗に神貨1億枚

    3
  • ユー

    コメ欄でギャンブル始まっとんぞ

    4
  • ユーノ

    失敗に神貨1枚

    4
コメントをもっと見る / 書く