俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

12話 30層でのこと

「みんな準備は、いいか?」

「「いいよ!」」

「そんじゃ、行くぜ!」

ボス部屋の扉が開き俺達は、入っていった。

そこで待ち受けていたのは、キメラだった。
だが俺が知っているキメラでは無い色が違うのだ。目の前にいるキメラは、全身が青っぽい。ステータスを確認してみた。

キメラ(変異種)

Lv102

HP350000

MP410000

攻撃400000

防御500000

魔攻610000

魔防720000

俊敏性530000

【魔法】
四属性魔法、闇魔法

【スキル】
攻撃魔攻倍増 Lv82
防御魔法倍増 Lv85
毒 Lv79
インフェルノ Lv91
エレメントレーザー Lv77
飛行

「は…?」

俺は、悟った。コイツは、マジでやばい絶対に勝てない。何故いきなりこんな奴が出てきたんだ。

「由美!澄蓮!お前達は逃げろ!!」

「「嫌だ!」」

「は?こいつのステータスは、50万超えてるんだぞ!?」

「それでも透琉を置いて行くのは嫌だよ!」

「私も、パーティメンバーを置いていくのは嫌です。」

「ちっ!危なくなったら逃げろよ!」

「「はい!」」

キメラとの戦いが始まった。
由美のスキル天使の楽園でどうにか戦っている。今のパーティでは、絶対勝てない。

「二人とも今から見ることは、クラスのみんなにも誰にも言わないと約束してくれ」

「え?透琉それは、どういうこと?」

二人とも、動揺していた。

「今言った通りだ。今から見る光景は、絶対に誰にも言わないこと3人の秘密だ。」

「分かった。透琉がそう言うなら。」

澄蓮も頷いた。

「分かった。二人とも下がっててくれ。
あとは、俺に任せな。」

二人が下がったのを確認した。

(さて、始めるか…)

「ステータス解放!」

そう叫んだ途端、俺の体の内側からとてつもない力がわき出てきた。

「行くぜ!」

俺は、0.1秒でキメラの懐に潜り0.9秒間蹴ったり殴ったりを2万回した。

戦闘時間1秒

キメラは、アイテムを置いて灰になった。

「「え…」」

由美と澄蓮はこの状況を理解していないようだ。

「透琉今何したの?」

「キメラを倒しただけだが?」

「透琉あなた本当のステータス見せなさい。」

俺は、本当のステータスを見せた。

「透琉、ラノベの主人公ね」

「そうだね」

それから色々質問攻めされた。

「30層も終わったしクラスのみんなが来るまでまとうか。」

「「そうだね」」

30層を攻略すると30のボスモンスターは、1週間経つまで出ない。ということで色々話しながら時間を潰していた。

〜〜4時間後〜〜

扉の外側から、クラスのみんなの声がした。

「よし!みんな!ここのボスも俺達の力なら楽勝だ!行くぞ!」

「「「「「おー!!!」」」」」

(いや、もう俺が倒しました〜)

心の中でツッコんだ。
扉が開いてみんなが入ってくる。

「よっ!おせーぞ。」

「迅水なんでお前がここに居るんだ。」

「は?当たり前だろ。俺は、30層まで行くって言ったんだぞ?」

「みんな4時間30分ぶりだね!」

「みんな遅すぎよ。30層のボスモンスター倒して4時間ずっと待ってたんだから。」

みんなが黙った。4時間待ってた?30分でここまで来たの?などをみんなは、考えているのだろう。

「3人とも無事でよかった。どこか怪我したところはないかな?」

護衛の兵士が言った。

「大丈夫です。」

「全然平気だよ。」

「大丈夫。」

「勇者の皆さん。これからはパーティで自由行動をしていいですよ。危険なことは、辞めてくださいね。」

「「「「「はい!」」」」」

クラスのほとんどは、ダンジョン攻略へ行ったが、俺達のパーティは、剣、魔法やスキルの特訓をしていた。
勿論。(透琉)1対2(由美&澄蓮)

せいっ!やっ!!

はぁ!えい!!

今は、二人とも魔法の練習をしている。
そして練習も含めてミニゲームをしている。
ルールは、簡単だ!3分間逃げ回る俺に魔法を当てればクリア、当たらなかったら…………ドンマイ!

結果は、勿論俺の勝ち。

他にもスキルや剣術、武術などをした。
いつの間にか3時間も経っていた。

「勇者の皆さん今日のダンジョン攻略は、ここまでとします。30層に集合してください。」

兵士が転移石を使ってくれみんなに集合をかけた。転移石は、便利だね。
10分後みんながそろった。

みんなが揃うとやっぱり勇輝の話になる。
今日、勇輝は50層まで行ったそうだ。
そして……

「花崎さん、神崎さんどうだい。やっぱり俺達のパーティに入らないか?」

(今日、俺達が50層まで行っている時、迅水達は、ずっと30層に居た。どうせ31層からあいつが勝てなくなってずっと居たんだろう。)

やっぱり勇輝が来た。

「「お断りします。」」

「なに!?何故だ!何故俺は、ダメで迅水は、いいんだ!」

「だって!」
「それは!」

「「透琉の方が強くてカッコイイから!」」

なんというシンクロ。
めっちゃ恥ずかしい。

(迅水が俺より強くてカッコイイだと…ふざけるな俺の方が、何百倍も強いんだ!)

「花崎さんなら俺と、迅水が戦って俺が勝ったら俺のパーティに入ってくれますか?」

おいおい、なんだそれ

「いいよ!澄蓮もいいよね?」

「ええ、構わないわ。」

「「頑張って透琉!」」

なんか、勝手に決められたけどやってやる!

「安心しろ俺は、誰にも負けねーよ。」

(迅水、これでお前を叩きのめしてやる。謝ってもいたぶり続けてやる……)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回は、皆様の予想通りの結末になるでしょう。それでは、13話で

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー295182

    勇輝ゴミみたいな性格してんなw

    1
  • ノベルバユーザー184952

    「だが俺が知っているキメラでは無い色が違うのだ。」
    出来れば、いつ知ったのか書いて欲しいです。図書室で読んだ本に載ってた、とか。兵士から聴いた、とか。

    2
  • 桜坂 麻夜

    『だが俺が知っているキメラでは無い色が違うのだ』のところを『だが俺が知っているキメラでは無い。色が違うのだ』のや方が読みやすいと思います。文はすごくいいと思います。

    3
  • べりあすた

    ハイパークロックアップしたのかな?

    2
コメントを書く