俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

10話 一人でダンジョンしてみたかった。

俺は、みんなより先にダンジョンへ進んだ、
花崎さんと神崎さんが気になる。

(1人でダンジョン結構寂しかも…)

『迅水様には、私がいます!』

「うお!ピクシー久しぶりあまり呼ばなくてごめんな。」

『私、寂しかったんですよ?』

「本当にごめん。今度からちゃんと呼ぶから。」

『絶対ですよ?』

「わかった。ピクシーまず最初にステータスを変えたい。モンスターを倒したんだしレベルが上がってなかったらおかしいだろ?」

『迅水様、もうやっておきましたよ。』

「え…早!」

俺は、ステータスを見た。

迅水 透琉 (16歳)

人間

レベル14

HP950

MP850

攻撃880

防御840

魔攻880

魔防840

俊敏性1560

【称号】
勇者、剣士、風の剣士、雷の剣士

【魔法】
風属性魔法、雷属性魔法、時空魔法

【スキル】

疾風迅雷
風切り
身体強化
アイテムボックス
詠唱短縮
魔力消費 Lv∞×1(∞×1分の1)

おお、結構変わってる。

「さすがピクシーだね。」

『ありがとうございます。透琉様』

そのまま、ピクシーと喋りながらダンジョンの16層まで来た。
その2人は、突如後ろからものすごいスピードで走ってきた。

「「迅水(くん)!」」

花崎さんと神崎さんだ。てか、ここまで来るの早すぎねーか!?

「迅水くん!どうして同じパーティなのに私たちを置いていったの?」

「そうよ!ビックリしたじゃない。」

「あぁ、すまない。気をつけるよ」

「約束だからね?」

「分かった。じゃあ先に30層まで行くか、
ここで勇輝達を待つのめんどくさいし。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本当にすみません。今日からテスト週間なので2日に1回ぐらいのペースになります。


「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー295182

    テスト週間でも2日に1回投稿できんのか、作者のやる気がすげぇ

    1
  • 博夜#retorutofan

    誤字?
    寂しかも=寂しいかも

    2
  • ノベルバユーザー267627

    探知魔法?とかダンジョンでも外でも使えるよね!常時発動で、敵意・視線も分かる
    いずれ作るだろうな

    4
コメントを書く