俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

7話 魔法訓練なのか?

今俺は、昼飯を食べていた。勇輝からの視線がやばい、勇輝のパーティは、勇輝と女子2人だ4人目と5人目は多分、花崎さんと神崎さんを入れる枠だろう。入ることは、ないと思うけど…多分。

「さて、次は魔法の訓練だね」

「どんな感じなのか、楽しみだね!」

「私も、ちょっと楽しみね」

「それじゃぁ訓練所に行こうか。」

「うん!」
「そうだね」

3人で、訓練所へ行くともうみんなは、揃っていた。魔法がそんなに、楽しみなのか?

「それでは、今から訓練を始めます。私の名前は、サリーナ ベルゴールよ。」

サリーナさんは、黒髪のお姉さん系で胸は、BからCはある。
ステータスは……

サリーナ  ベルゴール  (???)

人間

Lv85

HP5000

MP9500

攻撃2900

防御3500

魔攻8800

魔防7900

俊敏性6100

【称号】
魔法士、魔法を極めし者

【魔法】
六属性魔法、空間魔法、結界魔法

【スキル】
魔力消費10分の1 Lv38
エレメントシフト Lv35
魔力回復 Lv29
無詠唱

うん強いねHAHAHA

「「「「よろしくお願いします。」」」」

そして魔法の訓練所が始まった。俺は、朝に練習したのですぐにできた、花崎さんも神崎さんも15分程で出来るようになった。
勇輝は、サリーナの前で火属性上級魔法を見せていた。
3人を除くクラスメイト達は、みんな「勇輝スゲー!」とか言ってたが、俺は、雷属性魔法を使って花崎さんと神崎さんに色とりどりの花火のようなものを見せていた。

「この小さい花火みたいなの綺麗だね。」

「魔力操作が上手いからよね。」

魔力操作が上手くなると魔法を自由自在に操れるようだ。

また勇輝は、俺に嫉妬の視線を向けていた。
凄く嫌な感じだ。

魔法の訓練が終わり、自分の部屋で服を着替え、夜ご飯を食べに行く。
いつも通り花崎さんの隣に座り食べようとしたが割り込んで来るかのように勇輝が花崎さんの隣へ入った。

「悪いね迅水。ここは、俺が先に座ってるんだ他の席で食べてくれないか?」

なんか、勝ち誇った顔がうざい。

「分かったよ。」

俺は、素直に言って誰もいない席へ行った。面倒なことが起きたら嫌だしね!
だが……ガタン花崎さんが、夜ご飯のトレーを持ちながら、

「迅水くんが違うところで食べるなら、
私も迅水くんと同じ席で食べるよ!」

「私もそうしようかな?」

なんということでしょう……花崎さんも神崎さんも俺の隣の席についてしまったでは、ありませんか……

「何故、いつも花崎さんは、迅水の近くへ行くんだ…」

勇輝は、誰も聞こえない声で言った。
勇輝の嫉妬の視線は、さらに強くなった。

なんかもう視線なんて気にしなくなってきた。

そして夜ご飯を食べ終わり風呂に入り自分の部屋で寝た。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遅れてすみませーーーーん。
頑張って書いているのですが、なかなかいいものが出来ましぇん!
これからもグダグダですが、そろしくお願いします。

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー295182

    ゆうきのこと絶対わざと煽ってるでしょ、この主人公w

    2
  • ダイアーさん

    笑う時が外国人でKUSAww

    4
  • あやね

    応援してます!!頑張って下さい!!

    1
  • 異世界の白猫

    うおっ、グッド120も来てるやったーw

    1
  • ノベルバユーザー284770

    HAHAHAHA

    1
コメントをもっと見る / 書く