俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

2話 ステータス

「それでは、皆ステータスを見せてくれないか?」

「国王様、ステータスとはなんですか?」

「ステータスとは、自分の能力などを見れるものだ。心の中でステータスと言ってみよ」

俺は、心の中でステータスと言ってみた。すると、

迅水 透琉  (16歳)

人間?

レベル1

HP ∞×1

MP ∞×1

攻撃 ∞×1

防御 ∞×1

魔攻 ∞×1

魔防 ∞×1

俊敏性 ∞1

【称号】
勇者、∞を超えし者、神を超えし者、全ての神からの敬意、すべてを凌駕する者

【魔法】
全属性魔法、全精霊魔法、全神魔法、オリジナル魔法、空間魔法、時空魔法、古代魔法、聖魔法、邪魔法

【スキル】
武神 Lv∞×1
魔神 Lv∞×1
全知全能 Lv∞×1
概念 Lv∞×1
破壊 Lv∞×1
創造 Lv∞×1
ステータス調整 Lv∞×1
アイテムボックス Lv∞×1
無詠唱

人間?ってなんだよ!壊れたのかな?

『壊れてません。マスター』

「ん???」

いきなり頭の中に女性の声が……

『マスター、私に伝えたいことを考えて頭の中で言ってみてください』

「あ、あ、あ、聞こえる?」

『聞こえます。マスター』

おおすげー

「君の名前は?」

『私には、名前がありません。』

「じゃあ、決めてもいい?」

『はい。もちろんです』

そうだな、うーん………は!ピクシーだ!

「それじゃあ今日から君は、ピクシーだ!」

『ピクシー…ありがとうございます。マスター』

「ピクシー、マスターは、辞めてくれないか?透琉って言ってほしい。それともうちょっと楽に喋ってくれないか?」

『分かりました。これでいいかな?透琉様?』

「様も辞めてくれないかな?」

『それは、出来ません。透琉様は、透琉様です。』

「分かった。これからよろしくねピクシー。」

『こちらこそよろしく透琉様!』

おっとちょうどみんなもステータスを確認できたみたいだな。

「迅水くん?ステータスどうだった?」

「え?ふ、普通かな」

「へ〜じゃあ見せて!」

「え、それは……」

「え〜なんか怪しいぞ〜」

やばいやばいあのステータスバレたらなんかヤバそう

『透琉様、いい方法がありますよ?』

「ピクシー!教えてくれ〜」

『はい。透琉様のスキルステータス調整です。ステータス調整とは、ステータスを変えることができます。変え方は、勇者の平均ステータスと心の中で唱えてください』

「分かった」

〜勇者の平均ステータス〜

『ステータスを調整出来ました。』

「ありがとう!」

『どういたしまして』



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2話は、どうでしたか?3話は、調整したステータスと、花崎 由美のステータス、
柳谷 勇輝のステータスを出すつもりです。
それでは、また3話で

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • りょたふ

    全知全能あるなら武神スキルとか意味なくね?
    他の人が言ってるように無限は何しても無限でしょ?

    1
  • ノベルバユーザー284770

    序盤からとばすね!〜

    1
  • ノベルバユーザー278591

    豆腐さんの意見には賛成します。
    ( )にしては?

    3
  • エルス・ギルバート

    豆腐さんの言う通り「」ではなく()や{}を使うといいかもです

    3
  • べりあすた

    心の中で喋ってるのであれば()のほうがわかりやすいかと…

    4
コメントをもっと見る / 書く