俺だけステータスが、おかしすぎる件

きりり

プロローグ クラス転移

「貴方達は、勇者に選ばれました!」

「「「は?」」」

やぁ、何故俺達がこのような状況になってしまったのかを、まず教えよう。

ーー約10分前ーー

やぁ、俺は、迅水 透琉(はやみ とおる)(16歳)だ。
俺は、いつも通り瀬斗高校に登校し、
時間ギリギリに教室へ入った。すると

「迅水くん!また1分前に来たね。少し早く来ようよ?」

と、話しかけてきたのは、学園一の美少女
花崎 由美(はなさき ゆみ)
いつも優しくしてくれるけど俺のいじめの原因にもなる。

「あぁ、ごめん。次から早く来れるように頑張るよ。」

もうクラスのみんなは、椅子に座り本を見ていたり、友達と喋っていたりしていた。

「迅水くんの早く来るは、信じられないな〜 そうだ!私が迅水くんの家に来ようか?」

「花崎さん!そんな事しなくても、僕は、大丈夫だよ。」

そう、俺は、学校では、【僕】と言っている。

「そうだよ。花崎さん、そんなに言っても聞かないやつは、ほっとけばいいだろ?」

と言ってきたのは勉強も運動できてクラスのリーダー、そのうえイケメンで毎日、ラブレターなどをもらっている。
柳谷 勇輝(やなぎ ゆうき)だ。

と、勇輝が俺に言うとクラスとみんなが

「「そうだ!そうだ!いつも花崎さんに構ってもらってんじゃねぇ!」」

と、何故かみんな練習でもしたかのようにそろって言っていた。
俺は、いつも学校でいじめを受けている。暴力、パシリ、机を教室から落されたこともある。
 
「みんな辞めて!私は、迅水くんと一緒に登校したいから言ってるだけだよ!!」

その言葉でクラスの全員が黙った。
と同時に花崎さんの顔は、赤くなりすぐに自分の席に行き顔を隠していた。
そのまま、みんな黙って先生を待っていた。

「な、なぁ花崎さんのことは、置いといて先生遅くねえか」

「そうだな、先生呼んでくるか?」

と、話している。俺の前の席の生徒が先生を呼びに席を立った瞬間…

床がいきなり輝きだしみんなの意識は、白くなった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、言うわけでプロローグは、どうでしたか?
説明が長い!やら登場人物少な!やら
話がグダグダとかあると思います!
何か直して欲しい場所などあればコメントしてくださるとありがたいです。それでは、 
また2話で。

「俺だけステータスが、おかしすぎる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • みかづき

    細かいところは気にしないようにします。ただ、もう少し、色んな本を読み込んで見ては如何でしょうか?

    2
  • ノベルバユーザー284770

    ありふれたといっしょ

    4
  • ノベルバユーザー184952

    もしかしたら居るのかもですが、勇輝の苗字の「柳谷」のルビが「やなぎ」になってますが、やなぎなら「柳」の1字では?
    「柳谷」なら、「やなぎや」「やなぎだに」などではないでしょうか。

    3
  • ドラゴン2

    早く来るのは の「の」が抜けてませんか?
    来ようか? ではなく 行こうか? ではないでしょうか。
    細かいことを言ってしまいすみません

    3
  • 之羅

    まるでありふれただな

    4
コメントをもっと見る / 書く